それ以外にはどんな食べ方が?

ほかには、塩辛にしたり、澄まし汁でいただいたり、軍艦巻きにする食べ方もあります。中には、濾してかまぼこしたり、ミキサーにかけて卵焼きにする食べ方もあるんですよ。 そして地元ならではの食べ方がたこ焼き♪ 生地にミキサーにかけたたこまんまを混ぜて、もちろん中には大きめカットのヤナギダコを入れて作るのだそうです。

たこの卵はどこで食べられる?

「たこの卵」は北海道以外にはあまり出回らない

基本的には地元北海道内で消費されてしまうため、ほかの地域にはあまり出回らないもののようです。北海道では時期になると、スーパーでも置いてあるのだとか。 お酒との相性もいいたこの卵は、居酒屋でも冷凍ものも含め、一年中いただけるお店もあるようです。

東京ではどこで食べられる?

東京でも季節によっては一部のお店で出回るようなんです。一部のお店のほか、東京では回転ずしの「トリトン」など、北海道系のお店でもいただけるみたいですよ。 気になった方は、取り扱いを確認してから行ってみてはいかがでしょうか。

たこまんまを食べたい方は通販でゲット!おすすめ商品3選

1. 手軽に珍味を♪「まんまの塩辛」

ITEM

北海道白糠産柳だこ まんまの塩辛

内容量:100g

¥620〜 ※2018年12月07日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

北海道以外では出回ることが少ないたこまんまですが、インターネットを使った通販なら、加工品の購入が可能です。最初にご紹介するのは、食感そのままシンプルな味わいを楽しめる塩辛です。プリッとした食感が楽しめますよ。

2. さっぱりとした味わい「まんまの三杯酢」

ITEM

北海道白糠産柳だこ まんまの三杯酢

内容量:100g

¥620〜 ※2018年12月07日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

こちらは、同じ商品の三杯酢で味付けされたもの。さっぱりとした味わいで、よりシンプルな味わいを楽しめるひと品ですよ。塩辛と食べ比べてみるのも楽しめそうです。どちらも販売期間が限られているので、時期にはぜひ挑戦してくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ