カリカリ!ふわふわ♪ 「たこ焼き粉」の選び方&おすすめ10選

大阪では一家に一台あるといわれるたこ焼きプレート、今では全国でさまざまなタイプのプレートが安価に手に入るようになりました。メジャーになったお家たこ焼きに欠かせないのが「たこ焼き粉」です。たこ焼き粉の選び方やおすすめ商品、さらにアレンジレシピをご紹介しますよ!

2019年4月17日 更新

種類豊富なたこ焼き粉。選び方のポイントは?

味で選ぶ

たこ焼きを手軽に作れるたこ焼き粉、お好み焼き粉で代用することも可能です。このふたつはほとんど同じ材料でできています。材料は小麦粉、糖類、食塩、かつおエキス、かつお節粉末、ベーキングパウダー、調味料など。そして違いは、たこ焼き粉には粉末醤油や鰹節以外の雑節粉末が、お好み焼き粉には粘りが出る増粘剤がないっていることです。

生地にしっかりとした味が欲しいときにはたこ焼き粉を選ぶか、お好み焼き粉に調味料を足して使うといいでしょう。

食感で選ぶ

たこ焼き粉の中には、外はカリッと中はふんわり仕上がるように材料を工夫しているものがあります。「カリふわ」を楽しみたい方はこういった商品を選ぶといいでしょう。

お好み焼き粉を代用する場合はたこ焼き粉よりも膨らみやすい特徴があるため、ひっくり返すときに表面に穴をあけながら返すようにするとうまく焼けます。

サイズで選ぶ

たこ焼き粉は主原料の小麦粉にうまみエキスや調味料が入っているため、開封すると使い切りが原則です。

たこ焼き粉の一般的なパッケージは200gから500g、業務用では1kg入りがあります。作れるたこ焼きの量は200gあたりで30個から40個程度です。何個くらい食べるかを考えて購入し、余ったら密封して冷蔵保存。そしてリメイクレシピでできるだけ早く食べきるようにしてくださいね。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう