ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

クリスマスシーズンのお楽しみ♪

クリスマスといえば、パーティーで食卓を豪華に彩るチキンやローストビーフなどのごちそうのほかに、シュトーレンやパネトーネといった、この時期しか味わえないお菓子の登場も待ち遠しいですよね。 今回ご紹介するのはクリスマスシーズンにだけ味わえる「コンフィチュール・ド・ノエル」というジャム。スパイス香る濃厚なジャムを手作りして、パーティー気分を盛り上げましょう♪

クリスマスだけの楽しみ「コンフィチュール・ド・ノエル」

Photo by muccinpurin

「コンフィチュール・ド・ノエル」はその名の通り、クリスマスの時期にだけ作られるジャム。もともとはフランス、特に北東部のアルザスで生まれたという説が濃厚です。 アルザスワインの産地としても知られる通り、豊富にフルーツが栽培されているアルザスでは、よくドライフルーツが食されています。シュトーレンの次のトレンドとして注目が高い、ドライフルーツがぎっしりと詰まった「ヴェラヴェッカ」もアルザスで生まれました。 数種類のドライフルーツとナッツにスパイスを効かせたコンフィチュール・ド・ノエルは、寒いクリスマスにほっと心がほどける、やさしい甘さのコンフィチュールです。

「コンフィチュール・ド・ノエル」の作り方

Photo by muccinpurin

材料

・ドライフルーツミックス……230g ・ドライアプリコット……8粒 ・ドライフィグ……5粒 ・洋梨……1個 ・グラニュー糖……適量 ★レモン……1/2個 ★クローブ(パウダーでも代用可能)……5粒 ☆パンプキンシード……50g ☆ラム酒※2……20g ☆シナモンスティック(パウダーでも代用可能)……1本 ☆スターアニス(八角)……2粒 ☆バニラビーンズのさや(使用後のもので構いません)……適量 ※ドライフルーツと刻んだフルーツの重量の50%を計量してください。 ※2 お酒は好みなので入れなくても構いません。ラムのほかにもキルシュや赤ワインがよく合います。

下準備

Photo by muccinpurin

★のレモンはゼスターで表面の皮を削り、絞った果汁と混ぜておきます。残った果皮にナイフで穴を開けてクローブを差しておきます。 こうしておくと、小さな粒のクローブもコンフィチュールから取り出しやすくなります。

作り方

1. 材料を刻みます

Photo by muccinpurin

大きいままのドライフルーツを5mmほどの大きさに刻みます。洋梨は皮をむいて種を取り除き、1cm角にカットします。今回は食感を楽しむためにレーズンは刻まずに使います。 この段階でドライフルーツと洋梨の重さを計り、重さの半分の砂糖を準備します。今回は約500gだったので250gのグラニュー糖を使用しました。

特集

FEATURE CONTENTS