中までサクサク♪ 春菊の天ぷらの作り方&アレンジレシピ5選

ほろ苦さと独特な香りがおいしい春菊。お鍋やおひたし、胡麻和えにしてもおいしいですが、たまには天ぷらにしてみてはいかがですか?今回は、中までサクッと仕上がる作り方と、牡蠣やちくわなどの具材を加えたアレンジレシピをご紹介します。

2018年11月29日 更新

1. 春菊を洗って切ります。

Photo by mikA.K

春菊を洗ったらよく拭き、根元の部分を切り落としておきます。

2. 衣を作ります。

Photo by mikA.K

小麦粉をボウルに入れ、氷を入れます。水とお酢を注ぎ、菜ばしで軽く混ぜます。このとき、練るように混ぜないこと。小麦粉が多少残ってもOK。練ってしまうとサクッと揚がりません。

3. 油の温度をあげます。

Photo by mikA.K

油の温度をあげます。菜ばしに衣をつけ、油のなかに落とします。底まで落ちた衣がすぐに浮かんでくるくらいが目安です。普段の天ぷらよりも温度を高めにしてあげましょう。

4. 春菊に衣をつけます。

Photo by mikA.K

春菊に衣をつけます。春菊の根元を持ち、衣を全体につけます。ボウルのフチで余分な衣を落とします。

5. 油に入れます。

Photo by mikA.K

春菊を天ぷら鍋に入れます。葉先を入れ、根元は持ったまま5~10秒程度待ちます。このとき、葉先を左右に軽く振ってあげましょう。葉先だけを適度に広げることでなかがねっとりしてしまう原因を防げます。

6. しっかり揚げます。

Photo by mikA.K

ぱちぱちと頻繁になっていた音が少なくなり、箸でつついたときにかたさが伝わってくるくらいまで揚げます。持ちあげたときに箸に伝わる触感がなくなっているのも揚げあがりの目安になります。

特集

FEATURE CONTENTS