ライター : rieyutenji

フランスのアルプス地方在住24年。横浜出身の3子の母です。日本では編集部に勤務。渡仏後、執筆業に。でもデジタルな仕事には不慣れで、古い頭を掃除&改革中。フレッシュな気持ちと姿…もっとみる

ラタトゥユってどんな料理?

Photo by Rie YUTENJI

一年中、太陽がさんさんとふりそそぐ地中海に面した南仏の街・ニースが発祥の料理「ラタトゥユ」。 1800年代にニースの軍隊や刑務所で出された「野菜のごった煮」がそのはじまりと書かれていたりしますが、今そんな話を知っているフランス人はほとんどいません。 むしろ「野菜をたっぷり食べられるおいしい家庭料理」として好まれ、夏は冷たく、冬は温かく、一年を通してフランス中で、家庭でもレストランでも食べられている人気の付け合わせ料理のひとつです。

フランス流・基本ラタトゥユの作り方

Photo by Rie YUTENJI

材料(4人分)

Photo by Rie YUTENJI

4人分とありますが、あくまでも目安。ラタトゥユは付け合わせ料理なので、手元にある量で作って構いません。材料もこれが基本ですが、その時ある野菜で「ごった煮」してしまっても大丈夫です♪ ・ズッキーニ……1本 ・ナス……1個 ・ピーマン(赤・黄)……1個ずつ(緑でもOK) ・玉ねぎ……1個 ・ニンニク……1欠片 ・トマト缶……1個 ・塩胡椒……少々 ・オリーブオイル ・ローリエ・タイム・ローズマリー(ローズマリーはなくてもOK)

作り方

1. 野菜を切る

Photo by Rie YUTENJI

玉ねぎ、ナス、ズッキーニ、ピーマンをそれぞれ切っておきます。形はダイス型に限らず、輪切りでも乱切りでもお好みの形でOk。

2. 玉ねぎを炒める

Photo by Rie YUTENJI

鍋にオリーブオイルを注ぎ、温め、玉ねぎを軽く炒めます。

3. ナスを加え、ズッキーニも加えて炒める

Photo by Rie YUTENJI

ナスを加え炒めます。ナスは油をよく吸うので、足りないように感じたらここでオリーブオイルを足しておくと、その後ズッキーニなどから水分が出やすくなります。 ズッキーニも加えて炒めます。

特集

FEATURE CONTENTS