【和洋中】大根の浅漬けレシピ15選。簡単にできて箸がすすむ!

この記事では大根の浅漬けの和風、洋風、中華風アレンジレシピをご紹介します。適度な塩加減とポリポリした歯ごたえのある浅漬けは、長時間漬け込んで発酵させる手間もなく野菜をおいしく食べられます。1本買うと使いきりにくい大根で浅漬けを作ってみませんか?

2019年7月31日 更新

13. お手軽がうれしい中華風浅漬けの素

時間のある時に浅漬けの素を作っておくのもいいですよね。こちらは紹興酒がないという方でも家にある材料で作れますよ。普通のごま油でもいいし、このレシピのように黒ごま油を使えば、香りが高く芳醇な風味に仕上がります。大根やかぶにぴったりな中華風の浅漬けの素です。

14. めんつゆとポン酢で! 大根のうまだれ漬け

大根のうまだれ漬けは、めんつゆとポン酢を使っているので、味付けがとても簡単に決まります。大根の上の部分を使うのがおすすめです。めんつゆは濃縮の具合に合わせて調整してみてくださいね。作り置きにぴったりですよ。

15. おつまみにも。砂肝と大根の中華風マリネ

浅漬けの大根とお肉を組み合わせた、砂肝と大根の中華風マリネです。ゆでた大根と砂肝は水分を切り、中華風の調味料に漬けます。食べるときにねぎをのせたらできあがり。花椒がピリッときいていて、大根と砂肝の食感が楽しいおかずなので、お酒のおつまみにもぴったりですよ。

大根の浅漬けをお家で簡単に!

いかがでしたか?大根を使った和風、洋風、中華風の浅漬けのレシピをご紹介しました。浅漬けならささっと手早く作ることができるし、サラダ感覚でさっぱりと食べられることができます。切り方を工夫すれば、短時間でも味がなじんでおいしく作れますよ。ご紹介したレシピを参考にして、いろんな大根の浅漬けを作って味わってみてくださいね。
▼大根のカロリーはこちら
▼大根キムチ「カクテキ」のレシピはこちら
▼編集部考案の大根レシピはこちら
3 / 3

特集

FEATURE CONTENTS