カレイのから揚げレシピ12選。骨まで丸ごと・あんかけアレンジ

人気のお魚料理、カレイのから揚げレシピをご紹介いたします。骨までバリバリ丸ごとや、ふわふわの白身をカリッとシンプルに、どんなタイプがお好みですか?つるんとお野菜も一緒に食べられる、あんかけバージョンもぜひどうぞ♪

2018年11月29日 更新

豪快にパクッ♪ 丸ごとカレイのから揚げレシピ4選

1. 小さなカレイを骨まで食べちゃう「カレイの唐揚げ」

小さなカレイが手に入ったときにオススメのレシピです。身を観音開きにして揚げるので、骨までバリバリ食べられます。一度目は低温でじっくりと火を通し、二度目は高温でカラッとさせるのがおいしく仕上げるためのポイント。

2. 身と骨を分けて丸ごと食べちゃう「真カレイ唐揚げ」

フワフワとパリパリ、それぞれの食感を別々に楽しめる方法です。これなら大きめのカレイでも、骨ごと食べやすくなりますよ。骨せんべいのような歯ざわりと香ばしさに、お魚嫌いのお子さんでもついつい箸が進んでしまうかも!

3. 簡単ソースでオシャレに変身「カレイの唐揚げ タプナード添え」

いつものシンプルな唐揚げに、にんにくとケイパーをきかせたオリーブとアンチョビのペースト「タプナード」をON。ほんのひと手間で、プロバンス風のオシャレなひと品に変身です。残ったタプナードはお肉料理やパンにも使っちゃいましょう♪

4. ひと味ちがう旨み「カレイの干物の唐揚げ」

干物を使うメリットは、味をつけなくても塩気がついていることと、適度に水分が抜けていて香ばしく仕上げやすいこと。こちらのレシピでは、少なめの油で二度焼き揚げにしています。干されたぶん、旨みがギュッと凝縮されていていますよ。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

goofy_2s

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう