ご飯からこだわって♪ オムライスづくりのコツ&人気レシピ10選

鶏肉や玉ねぎをバターで炒めてご飯を加え、塩こしょうやトマトケチャップで味をつけ卵で包みこむオムライス。専門店もあるほど洋食料理の中でも人気メニューのひとつです。そこでご飯からこだわったオムライスの正しいつくり方やアレンジレシピを紹介します。

2018年11月5日 更新

ご飯がポイント!おいしいオムライスづくりのコツ

1人分のご飯量の目安

ケチャップご飯にフワトロな卵をのせたり、包みこんだりしてつくるオムライス。人によってはチーズをのせたり、あんかけスープをかけたり、和風に味つけするなど、アレンジを楽しんでいる人もいるのでは?

基本に忠実につくってもアレンジしても、いずれにしろおいしく仕上げたいのは共通の思いだと思います。おいしいオムライスをつくるときに大切なことは、1人分ずつつくることです。

では、基本のオムライスをつくるときに必要なご飯の量はどれくらいなのでしょう。ひとり分をつくる場合、ご飯の目安量はお茶碗で1杯分(150g)です。足りないと感じる人は増やしてもOK。ご飯の量が多くて、包むのに苦労するという人は逆に減らしても構いません。

パラパラにするため硬めに炊く

せっかくオムライスをつくるなら、見ためのキレイさはもちろん、おいしく仕上げたいですよね。では、そのコツは何なのでしょう。

オムライスに使用するご飯は、パラパラになるように通常よりも硬めに炊くことが大切です。よくチャーハンをつくる時に、ご飯は冷やご飯がいいのか温かい方がいいのかと話題になりがちですが……。

冷やご飯をほぐすのは、温かいご飯をほぐすことより大変です。オムライスをつくるときも同じで温かなご飯を使用するようにしましょう。もし冷やご飯を使用する場合は、レンジで温めてから使ってくださいね。

定番人気♪ケチャップライスのオムライス5選

1. 失敗しらずのオムライス

半熟卵はケチャップライスに巻かずに、のせるだけなのでかんたんにつくれます。見た感じもカフェで食べるようなオムライスでしょう。

缶のデミグラスソースと赤ワインでソースをつくってかけ、ドライパセリを散らしたら完成です。お友達を招いた、おもてなしランチにいかがでしょうか。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

motomoto

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう