ライター : Uli

パンシェルジュ / フードコーディネーター

ハワイ大学留学後、旅行会社に就職。国内外の食文化に魅力を感じ、現在はレシピ系記事をメインにライターをしています。お手軽料理から、パン・スイーツまで、さまざまなレシピを発信中…もっとみる

じわじわきてる!スパイスカレーを作ってみよう

Photo by uli04_29

スパイスカレーとは?

スパイスカレーのはっきりとした定義は、ないと言われています。一般的に、市販のカレールウを使わず、スパイスを使って作るカレーのことを、スパイスカレーと呼びます。スパイスの香りが、しっかり立つのが特徴です。

どんなスパイスが必要?

スパイスカレーに必要な基本のパウダースパイスは、コリアンダー、クミン、ターメリック、カイエンヌペッパー(チリペッパー)の4つです。 カイエンヌペッパーは辛さを、そのほかのスパイスは香りや色を出すスパイスです。コリアンダーとクミンをベースに、ターメリックを足すことで深みのあるカレーができます。 ※コリアンダーは、パクチー(葉)の種を乾燥させたスパイスです。

自分なりのオリジナルを作ってみる

基本の4つのスパイスに、お好みのスパイスを足すことでオリジナルのカレーを作ることができます。例えば、ガラムマサラを使うと、簡単に複雑な香りをプラスすることができます。 華やかな香りのカルダモンや、フェンネル。香ばしいマスタードシードや、甘みのある香りのフェヌグリークやシナモンなど。カレーの具材と相性のいいスパイスや、好みの香りのスパイスを使うといいでしょう。

ホールスパイスを使うと本格的に

パウダータイプのスパイスだけでなく、ホールタイプ(スパイスの原形そのまま)を使うことで、より本格的なスパイスカレーを作ることができます。 スパイスの香り成分は、油に溶け出しやすい性質があるため、油でホールスパイスを炒めて、香りを引き出してから使うようにしましょう。

4つのスパイスで基本のスパイスカレーの作り方

Photo by uli04_29

ご紹介するスパイスカレーは、鶏肉と4種類のスパイスで作る基本のチキンカレーです。みじん切りしょうがは、噛むたびにさわやかな味わいが口に広がり、シンプルなスパイスの香りに華を添えてくれます。具材を切る、炒める、煮込む、の3ステップで完成します。ぜひ、気軽にチャレンジしてみてください!
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS