トロっと食感がくせになる。「かぶのスープ」レシピ

冬になるとおいしくなるかぶは、味にクセがなく、幅広い料理に使える野菜です。今回は、かぶのうまみを存分に味わえるスープとシチューのレシピを紹介します。気温が下がるこの季節、肌寒い日にぜひ作って見てくださいね。

うまみを堪能!かぶ料理

この記事は、毎日の生活を野菜で楽しく、 カゴメが運営する野菜専門メディア「VEGEDAY」の提供でお送りします。
かぶの実と葉、両方のおいしさと食感を楽しめるレシピです。

かぶの葉とベーコンの卵スープ

隠し味の醤油がかぶの甘みをひきたてる!   

材料(4人分)

かぶ:200g(中2個ほど)
かぶの葉:90g
ベーコン:4枚
卵:2個

[A]   
コンソメスープの素:小さじ2
水:800ml
醤油:小さじ1
塩・こしょう:少々

作り方

1. かぶの実は皮付きのまま5mm幅に、かぶの葉とベーコンは1cm幅に切っておく。

2. 鍋にかぶと、混ぜ合わせたAを入れ煮立て、かぶの葉、ベーコンを加えて火が通るまで煮る。

3. 2に溶いた卵を流し入れ、再び煮立ったら火を止める。

かぶとだんごのシチュー

米粉のとろみと、牛乳のこくがマッチした一皿。 

材料(2人分)

[シチュー]
水溶き米粉:米粉(グルテン入り)大さじ2、水大さじ2
タマネギ(みじん切り):100g
牛乳:300ml
かぶ:200g
バター:大さじ1
水:100ml
桜エビ:大さじ2
コンソメスープの素:大さじ1
塩・こしょう:少々

[だんご]  
米粉(グルテン入り):50g
牛乳:50ml
かぶの葉(みじん切り):25g

作り方

1. ボウルに米粉とかぶの葉を入れて、牛乳で固さを調節しながらよくねったら、一口大にまるめて中央をくぼませる。

2. 鍋に湯(分量外)を沸かし、沸騰したら1を入れ、浮き上がってきたらすくって水(分量外)にとる。

3. かぶは茎を2cmほど残して皮をむき、縦1/4に切っておく。

4. 鍋にバターを溶かしてタマネギを炒め、透き通ってきたら、3、桜エビ、水、コンソメスープの素を入れ、蓋をして中火で5分ほど、焦げないように煮込む。

5. かぶに火が通ったら牛乳を加えて煮立て、2を加える。

6. 水溶き米粉を入れてとろみをつけ、塩、こしょうで味を調えたら完成。

7. 桜エビの代わりに、缶詰のホタテの貝柱、カニを入れても合います。
少しずつ寒くなるこれからの季節、旬のかぶを使ったおいしいスープとシチューで、心も体も温まりましょう。
提供元:

特集

SPECIAL CONTENTS