具材でアレンジ!おすすめの中華丼レシピ5選

1. 海老とチンゲン菜の中華炒め

中華の具材の定番、海老とチンゲンサイは、中華スープとの相性が抜群です。こちらのレシピは炒めて餡にした状態のひと皿ですが、ほっかほかのご飯にかければ、おいしい中華丼になります。 プリプリの海老とシャキシャキとした歯ごたえのチンゲンサイ、食べごたえのある満足度の高いひと品です。

2. 春雨入り中華丼

いろいろな種類の食材を一度に食べられるのが中華丼の魅力ですね。こちらのレシピでは豚肉と色とりどりの野菜に加えて春雨も入れています。つるつるっとした食感にご飯という珍しい組み合わせ、丼ひとつでボリューム満点なら男性の胃袋もがっちり掴めそうです。

3. 厚揚げと焼き豚の中華丼

細切り野菜が入るイメージの中華丼ですが、こちらは大き目の具材をゴロゴロ加えて作るインパクトのあるひと品です。冷蔵庫の残りものや、少し余ってしまった食材などでも十分においしいご飯が作れますね。黒酢でコクをプラス。さっぱりとしつつもお腹にたまるご飯です。

4. 白ネギとザーサイの中華丼

白ネギをふんだんに使った天津飯のような中華丼です。ザーサイの個性的な食感に風味のよいネギ、卵でふんわりとじた生姜の餡は、シンプルな具材ながらもインパクトのある丼ですね。とろとろ~っとした口当たりに、ホッとするお味はお夜食やお酒のシメなどにもよさそうです。

5. 牛肉とトマトの玉子あんかけ中華丼

トマトが丼の具材に?と、思われそうですが、トマトと中華はよくある組み合わせ。ほどよい酸味が鶏ガラスープとよくマッチするんです。中華丼のイメージを覆す、変わり種レシピですが、牛肉とトマト、そして卵が具材なら、さっぱり味で食欲のないときでも軽くいただけそうです。

冷蔵庫の残り物でもOK!簡単なのに大満足の中華丼♪

中華丼のとろみづけが苦手という方も、火を止めて落ち着いて調理すれば失敗なく作れますよ。とろみがつくと、体も心もあたたまる気がします。定期的に冷蔵庫の残り物整理としておいしい中華丼を作ってみるのもおすすめですよ。作るたびに具材が変われば、家族も大満足間違いなしですね。
▼中華丼と合わせる献立は決まりましたか?
▼こちらの丼レシピもおためしあれ♪

特集

FEATURE CONTENTS