卵かけごはんに

梅干しの酸味とかつお節のふんわりとした風味が卵かけごはんによく合います。煎り酒を使うと、より日本食らしく、素材を活かしたおいしさを味わえますよ。

隠し味に

煎り酒は、食材の風味を際立たせ、旨味をプラスします。料理の下味や仕上げなど、隠し味としてもぜひ使って欲しい調味料です。

肉や魚を漬けておいたり、皿に盛ってから振りかけたりするだけなので、料理を簡単においしくすることができますよ。

「煎り酒」は自宅でも作れる

※画像はイメージです
身近な食材を使い、とても簡単に作ることができる煎り酒。米、麹のみで作る純粋な日本酒、花かつお、昆布、梅干しがあればOK!昆布を半日からひと晩漬け込んだ日本酒を火にかけ、そこへ花かつおや梅干しを入れて煮込めば完成です。

できあがったら一日置いておくと、味がしっかりと滲み出たおいしい煎り酒ができますよ。保存瓶に移す際にはさらし布を使って、煮込んだ食材が入らないようにしましょう。

「煎り酒」を使うおすすめレシピ5選

1. 前菜にいかが?なすとパプリカ焼き煎り酒風味

カラフルなパプリカとなすをソテーして、煎り酒で風味をつけます。色合いが鮮やかで、テーブルが華やぐメニューです。おもてなし料理の前菜にいかがですか?

2. 和風を楽しむ。煎り酒で味わうニラチヂミ

煎り酒の味をそのまま楽しみたいという人は、ソースやつけダレとして使うのがおすすめです。こんがり焼いたチヂミを、ごま油や酢、ラー油と合わせた煎り酒のつけダレで味わう絶品メニュー。ソースやコチュジャンでいただくよりも、あっさりとした和風の味を楽しめます。

3. ひと手間でこんなにおいしい!和風チキンサラダ

鶏肉をレンジで蒸して、煎り酒に漬けておくだけのレシピです。煎り酒のおかげで、鶏肉の旨味がアップ。きゅうりや大葉と一緒に食べると、さまざまな食感を楽しめます。普段のチキンサラダに変化を持たせたいときに、ぜひ作ってみてください。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ