生で食べても大丈夫?マッシュルームの選び方とおすすめレシピ13選

パスタやピザ、シチューなどに使われることの多いマッシュルームですが、サラダやアヒージョなどの主役にしてもおいしいですよ!今回は新鮮なマッシュルームの選び方や、長持ちさせるための保存法、おすすめレシピなどを徹底解説していきますね。

2018年10月9日 更新

マッシュルームって生で食べられる?

きのこ類はどれも、火を通さないと食べられないイメージがあると思います。でもマッシュルームだけは、生でも食べらるんですよ!

濡らしたペーパータオルなどできれいにふきとり、薄くうすくスライスすれば、サラダやカルパッチョ、サンドイッチなどにピッタリ。切り口は変色しやすいので、レモン汁などをふるとよいでしょう。

とはいえ、生で食べられるのは収穫してから冷蔵保存で3日から4日以内の新鮮なものに限ります。かさが開いてきていたり、軸のまわりが黒ずんでいたり、傷ついていたりするマッシュルームは、収穫から日が経ってしまっているので加熱した方が安全です。

マッシュルームの選び方と保存方法

選び方

マッシュルームには、ホワイトとブラウンの2色ありますよね。色の違いで、風味も少し異なります。ホワイトの方は上品な味わい。ブラウンの方は、野性味のある濃厚な味が特徴です。

いずれも、実がしまっていてカサはすべすべ、傷や変色のないものを選んでください。カサの裏のひだが暗褐色のものは、成熟しているだけなのでおいしく食べられますよ。

保存方法

マッシュルームはすぐに変色してしまうので、パックから出してペーパータオルに包み、ポリ袋や密封袋で保存してください。ついつい野菜室にしまいがちですが、実は冷蔵庫の方が向いています。

冷蔵で1週間くらいは保ちますが、使いきれないようでしたら冷凍保存も可能。スライスして密封容器などに入れて冷凍すれば、1か月ほどはおいしくいただけます。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

wasante

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう