ライター : 稲吉永恵

ローフードマイスター・野菜ソムリエ・オーガニックコンシェルジュ

野菜や果物の持ち味を生かす食べ方を提案する野菜ソムリエ。通関士として企業に勤務後、美容師・ローフード認定校講師として働きながら、パンと焼き菓子を製造販売しています。不調や不…もっとみる

マッシュルームは生で食べられる?

一般的にきのこは生で食べませんが、マッシュルームは生食が可能です。生のマッシュルームの味わいは淡白で、独特の風味と香りのよさが魅力。薄切りや4分割など切り方によって歯ざわりが変わるため、メニューに合わせてカットすると素材のおいしさを楽しめます。(※1)

ほかのきのこは生で食べられる?

マッシュルーム以外のきのこ類は、基本的に生では食べられません。生で食べた場合、きのこの種類によっては食中毒やアレルギー症状をひきおこすおそれがあるため、注意が必要です。必ず加熱調理してから食べるようにしましょう。(※2)

新鮮なマッシュルームの選び方

マッシュルームを生で食べるなら、新鮮であることがとても大切。スーパーで購入するときは新鮮なものを選びたいですよね。新鮮なマッシュルームは、カサの開き具合で確認しましょう。カサが丸くよく締まってかたく閉じていれば新鮮な証拠。表面がすべすべしているものを選んでくださいね。

生で食べないほうがよいマッシュルーム

マッシュルームは日が経つとカサが開いてきて、カサの裏のひだの色もだんだんと黒くなります。黒っぽく変色したマッシュルームは、生ではなく加熱して食べれば問題ありません。傷んだマッシュルームは、かさがぶよぶよとやわらかくなり匂いが強くなるため、食べずに処分してくださいね。

黒い部分は食べても大丈夫?

マッシュルームのひだの黒ずみは、傷んでいるわけではなく熟成したサイン。食べても大丈夫です。黒く変色したマッシュルームは生食はおすすめしませんが、香りと旨味が強いので、炒めたりフライにしたりして加熱するとおいしいですよ。

選び方

マッシュルームには、ホワイトとブラウンの2種類があります。ホワイトはクセがなく上品な味わい。ブラウンは、香りが豊かできのこの風味が強いですよ。どちらも実がかたくしまっていてカサはすべすべ、傷や変色のないものを選んでくださいね。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ