火加減と焼き時間の目安

先述したように焼き魚は、中火で短時間で焼くのが理想的です。また炎や熱源がグリルの上部についている片面焼きグリルの場合は、片面焼いたら反対にひっくり返す必要があります。

具体的な焼き方は、盛りつける場合に表面を上にして焼くのがポイントです。表に適度な焼き色がついたらひっくり返しましょう。次に裏からじっくり火を通すと表面を焦がさず、焼き目がきれいに焼き上がります。

焼くときにひっくり返す回数は、1回にしておきましょう。何度も繰り返すと、形崩れを起こす可能性があります。火の通し加減は身が6割から7割ほどで、皮が約3割から4割で焼き上げてくださいね。

グリル以外で焼き魚を焼く方法も紹介

フライパン

フライパンで魚を焼くときは、フライパン用ホイルまたはクッキングシートを用意します。魚にはあらかじめ塩を振っておきましょう。

1. フライパンにフライパン用ホイル(クッキングシート)を敷きます。
2. フライパンが温まったら、皮目を下にして魚をのせます。
3. 6割ほど焼けたら裏返して蓋をします。
4. 残りの4割が焼けたら蓋を外し、水分を飛ばします。

厚みのある魚は両面焼き目を付けるよう、4のあとにも裏返しましょう。

オーブントースター

オーブントースターの場合は、アルミホイルを使用できます。魚がくっ付いてしまうことがあるため、心配な場合は油を塗っておくといいですよ。

1. トレイの形に合わせてアルミホイルをカットし、オイルを塗って皮目を下にして魚をのせます。
2. 1000W(220℃)10分程度焼きます。
3. ひっくり返して、3分程度焼きます。

家庭によってオーブントースターの温度は異なります。焦げてしまわないよう、様子を見ながら焼きましょう。

オーブン

オーブンには焼き魚メニューがある場合があります。専用のメニューがある場合は、それを使用しましょう。専用のメニューがない場合は、下記の手順を参考にしてください。

1. オーブンを250℃で予熱します。
2. トレーにアルミホイルまたはクッキングシートをのせ、 皮目を上にして20分焼きます。

さっそく実践!人気の焼き魚レシピ8選

1. さっぱりおいしい。グリルで焼くスズキの塩焼き

スズキをグリルで焼くだけの簡単メニューです。シンプルだからこそ、素材のおいしさが際立ちます。スズキはあっさりとした味わいで、身はやわらかいですよ。もろみとあわせた野菜を、お皿に添えていただきましょう。

2. 大根おろしで。フライパンで焼くサンマの塩焼き

脂がのったサンマをシンプルに味わうメニューです。レシピではフランパンで焼いていますが、もちろんグリルでもOK。最初に塩を振ってから焼くと、サンマの臭みが緩和されます。サンマのジューシーな旨味を堪能できますよ。大根おろし&かぼすを添えていただきます。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ