パン好きさん必見!天然酵母パンのおいしい秘密に迫る!お取り寄せ5選も

女性には好きな方も多いパン♪ さまざまなものがありますが、今回は天然酵母を使ったパンに注目!しっとりとした食感の秘密や、その特徴、イーストとの違いなど、天然酵母パンの魅力をぎゅっとご紹介します。お取り寄せ可能な5品も登場しますよ。

天然酵母パンのおいしい秘密

天然酵母とは

酵母には水分や糖分と結合し、パン生地を発酵させる力があります。中でも、天然酵母とは果物や穀物などのまわりに付着する酵母菌を採取、自然に発酵させた酵母のことをいいます。

さまざまな種類があり、それぞれの天然酵母によっても特性があるんです。天然酵母は「ドライタイプ」「自家製タイプ」の2種類に大別されますよ。

イースト菌との違い

イースト菌には「生イースト」「ドライイースト」「インスタント・ドライイースト」がありますが、どれもパン作りに適した酵母のみを凝縮培養したパン専用の酵母なのです。

イースト菌は発酵力が安定していて強いので、初心者の方でも使いやすく、比較的かんたんにパンづくりを楽しむことができます。

天然酵母の種類

ドライ

天然酵母を乾燥させて粉末・顆粒状にしたものをドライタイプと呼びます。一般的なドライタイプの天然酵母は、倍量の30℃程度のぬるま湯に溶かして、28℃から30℃の温度で24時間発酵させてから生種として使います。中には、小麦粉に直接混ぜて使うものもありますよ。

自家製

広口の容器に果物や穀物を入れて、水を張ってからフタをし、酵母を培養することで自家製の天然酵母を作ることができます。

培養には温度や湿度管理などが必要で、上級者向けと言えるタイプです。発酵する力も弱く、発酵不足でパンが膨らまなかったりと不安定ではありますが、原料となるものごとに違った風味も楽しめ、繊細な甘みや深い旨みを感じられるのです。

天然酵母パンの特徴

味わい深くなる

先ほども触れたように、天然酵母は発酵力が弱いので、ゆっくりと時間をかけて発酵するものが多くあります。

この熟成や、複数な酵母菌を含むことにより、旨みの濃い、味わい深いパンができあがるのです。天然酵母の中には、酵母菌のみならず、パンをおいしくする成分がたっぷり含まれているんですよ。

しっとり食感が続く

イーストで作るパンと比べると、しっとりとした食感が翌日も続くようです。しっとり、もっちり、じっくり時間をかけて熟成したからこそ生まれる長所と言えますね。

パン自体の日持ちも効くようで、しっとりとした食感を損ねずに数日楽しむことができますよ。

通販やお店で買える人気天然酵母パン5選

1. 天然酵母 全粒粉50%パン

野菜や果物をたっぷり使った天然酵母で作られた食パンです。全粒粉を50%も使用した味わいは飽きの来ない素朴な旨みで、朝食にぴったり◎小麦の香りが楽しめるひと品ですよ。

2. そのままでもおいしい!全粒粉パン 天然酵母パン

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう