飲みやすくてヘルシー!「ピーチウーロン」の魅力や作り方を紹介

カクテルの「ピーチウーロン」をご存知ですか?ピーチリキュールとウーロン茶で作るお酒です。この記事では、ピーチウーロンの発祥や、別の名前、簡単な作り方などを詳しく紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね♪

2018年9月27日 更新

「ピーチウーロン」ってどんなカクテル?

「ピーチウーロン」とは、ピーチリキュール(クレーム・ド・ペシェ)をウーロン茶で割ったカクテルのことです。

クレーム・ド・ペシェの「ペシェ」はフランス語で桃を意味する言葉。甘く芳醇な桃の香りが魅力のリキュールでアルコール度数は15%。ピーチウーロンはウーロン茶で割るので、お酒がそれほど得意でない方でも飲みやすいカクテルです。

味や香り

ウーロン茶で割るお酒というと、焼酎のウーロン茶割り「ウーロン・ハイ」などが一般的ですね。ウーロン茶の苦味ですっきりとおいしいお酒です。一方、ピーチウーロンはどうかというと、甘口の飲みやすいカクテルです。

ウーロン茶は苦いので苦手、という方でも、ピーチリキュールの甘さでその苦味を打ち消してくれるため、意外と飲みやすいのです。お茶のさわやかな香りとピーチのまろやかで芳醇な香りが特徴です。

カロリーやアルコール度数は?

ピーチウーロンに使用する「クレーム・ド・ペシェ」のアルコール度数は、最初に紹介したとおり15%ほど。どの程度の割合でピーチウーロンを作るかにもよりますが、大体4%程度になります。カクテルの中ではアルコール度数が低いほうではないでしょうか。

カロリーは100mlあたり45kcal程度です。

「ピーチウーロン」は地域で呼び名が違う?

わかりやすい名前として「ピーチウーロン」が知られていますが、実は地域によって名前がいろいろあることをご存知でしょうか?有名なふたつの名前を挙げてみましょう。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

aaaharp

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう