ライター : 調理師/mau_naka

調理師

フードスペシャリスト/ふぐ取扱登録者/発酵食品マイスター/発酵食健康アドバイザー/漢方コーディネーター/薬膳調整師。やんちゃな男の子ふたりを育てながらも大好きな料理に関する追及…もっとみる

タアサイとはどんな野菜?

白菜の仲間「タアサイ」とは

タアサイは白菜と同じアブラナ科の野菜で、中国が原産と言われています。日本へは昭和のはじめのころに入ってきたようですよ。濃い緑色で葉脈がしっかりとした大きな葉っぱが特徴で、やわらかくしわのある葉ができます。茎の部分は葉っぱに対して細長く、薄い緑色をしています。 濃い緑色のお野菜なので、一見チンゲン菜や春菊などのように主張するお野菜のようですが、実はいろいろなお料理に使える万能野菜なんですよ。

旬の時期、おいしいタアサイの選び方

タアサイは冬に旬を迎えるお野菜です。中でも寒さの厳しい1月~2月頃にかけて甘味が増すので「如月菜(きさらぎな)」とも言われているんです。この時期は、葉が花びらのように広がるのも特徴で、暖かくなってくると小松菜のようにまっすぐに立つんです。 葉の大きさに加え、その味わいも甘みがあってクセのないところが白菜によく似ています。葉が広がっていて細かいシワが多いものは甘味が強くて美味。炒め物はもちろん、葉はやわらかいのでおひたしにするのもおすすめですよ。

タアサイのおすすめレシピ8選

1. タアサイの炒め物

最初にご紹介するのは、やっぱり定番の炒め物のレシピです。強火で一気に作るのがおいしく仕上げるポイント♪ あたたかくなる前の油にみじん切りのニンニクを入れて、しっかりと油にも香りを付けてから炒めていきましょう。

2. タアサイとキャベツの辛子オイスターサラダ

タアサイは炒め物だけでなく、サラダでいただくこともできますよ。ご紹介のレシピはキャベツと合わせた、ザクザクシャキシャキの食感が楽しいレシピです。使用するお酢はりんご酢や白ワインビネガーなど、いろいろなもので挑戦してみましょう。

3. タアサイとたまごの中華風スープ

甘味がありクセのない味わいのタアサイは、スープにするのもおすすめ。まろやかな卵と合わせることで、さらにやさしいお味に仕上がりますよ。食欲のない日や、寒い日の朝食にもぴったり◎スープを濃い目にすれば、ごはんとの相性も抜群です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS