おうちで手作り。旨みたっぷり「干し野菜」のはじめ方

おうちで「干し野菜」を作る方法をご紹介します。干し野菜は旨味が凝縮されて味や風味が濃厚になるうえに、保存性にも優れた便利な食材です。切って干すだけの簡単なプロセスを筆者が実際に作りながらお伝えします。ぜひその味わいを体験してみてくだいね♪

2019年2月13日 更新

この秋にはじめてみたい「干し野菜」

竹かごに入れた野菜

Photo by akiyon

気持ちのよい秋晴れの日に、おうちで「干し野菜」を作ってみませんか?干し野菜は、切って干すだけで簡単にできるうえ、旨味が凝縮していておいしく、調理の手間を省けたり保存に便利だったりと、魅力がいっぱいなんです。

使うものは「竹ざる」などの風通しのよい道具と、太陽の光だけ!だれでも簡単に作り始められます。今回は、筆者が実際に野菜を干す過程をご紹介しながら、「干し野菜の作り方」を詳しくお伝えいたします。

干し野菜に使う道具

竹ざる、竹かご、ケーキクーラー

Photo by akiyon

干し野菜に使う道具に適しているのは、「竹ざる」などの風をよく通すもの。家庭によくある金属製のざるや揚げ物を切る網なども使えるので、わざわざ買いそろえなくてもOKです。

また、市販の干し野菜用のネットは効率よく上手に干せるので、たくさん作る場合には持っていると便利ですよ。

「干し野菜」を作る手順

1. 洗う

茄子を洗っているところ

Photo by akiyon

干す道具を用意したら、あとは干すのみ!さっそく作業にとりかかりましょう。まず、野菜をよく洗って汚れなどを落とします。

洗い終わったら、しっかりと水気を拭き取り、カビが生えるのを防ぎます。

2. 野菜をカットし、必要があれば下処理も

カットされたミニトマト

Photo by akiyon

野菜を切ります。トマトやきゅうりなどのアクがないものは、切ったら下処理なしでそのまま干せます。ミニトマトは断面のかわいさを意識して、横半分にカット♪
カットされたさつまいもと茄子

Photo by akiyon

野菜の切り方はお好みで。乾かせる日数を考えて、切り方を工夫してみるとよいでしょう。今回はなすは輪切りに、さつまいもは細切りにしてみました。

ともにアクが強いので、水にさらしてアク抜きをしてから水気を拭き取っておきましたよ。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiyon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう