カマンベールチーズのおいしい食べ方と簡単アレンジレシピ12選

クセが少なく食べやすい「カマンベールチーズ」。そのまま食べてもおいしく、加熱してとろとろの食感を味わうのも楽しいチーズです。今回は、そんなカマンベールチーズの特徴やおすすめの食べ方、アレンジレシピをご紹介します♪

2019年9月12日 更新

チーズの女王「カマンベールチーズ」とは

白カビタイプの香り豊かなチーズ

フランス北部ノルマンディ地方のカマンベール村生まれの白カビ系チーズ「カマンベールチーズ」。チーズ界の女王と言われ、今や世界中で老若男女問わず愛されているチーズです。

軟質系で内側がやわらかく、表皮が固めのチーズです。表面に白いカビを生やして熟成する伝統的な製法で作られるものと、熟成が適度な状態のときに包装、密閉する際に加熱殺菌するロングライフタイプがあります。

味や香りの特徴

チーズケーキの材料として使われることがある、クリーミーでやさしい味わいが特徴的なカマンベールチーズ。表皮の苦味、内側のコク、旨味の組み合わせが赤ワインとの相性もよく、お肉と合わせて楽しむお料理の食材として使われることが多くあるチーズです。

基本の食べ方

濃厚なコクと旨味、そしてクリーミーな口どけが印象的なカマンベールチーズ。その風味や口当たりを楽しむには、ふたつの方法があります。まずは加熱せずそのまま食べる方法。やわらかなカマンベールチーズの口当たりを、ダイレクトに楽しむことができます。

もうひとつは、加熱調理をして楽しむ方法。カマンベールチーズをそのままオーブンやトースターで温めて食べるのもおいしいですが、油で煮込んでアヒージョのようにしたり、フライ料理の具材として楽しむなど、お料理の食材として使用することも可能です。

おつまみに◎そのまま楽しむカマンベールチーズレシピ5選

1. 切ってのせるだけのおしゃれおもてなし料理

切ったカマンベールチーズを生ハムと一緒にバゲットにのせただけの、超簡単おもてなしメニュー。ベビーリーフやクレソンなど、付け合わせの材料を工夫すると風味もより増します。簡単なのにおしゃれに見えるひと皿です♪

2. フルーティ&クリーミーなおつまみ料理

りんごでカマンベールチーズをサンドして楽しむ、おつまみレシピ。ワインとの相性がいいフルーティでクリーミーなアレンジです。カマンベールチーズはりんご以外にも柿や桃、いちじくなど、どんなフルーツでも組み合わせも問わずに楽しめるチーズです。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう