ライター : 塚本 晴香

管理栄養士

大学にて栄養学の勉強をした後、調理師専門学校で調理についても本格的に学ぶ。その後、カフェにて勤務し新メニューの開発などにも関わる。現在は、ライターとしてたくさんの人に食べる…もっとみる

チーズの女王「カマンベールチーズ」とは

白カビタイプの香り豊かなチーズ

「カマンベールチーズ」は、フランス北部ノルマンディ地方のカマンベール村生まれの白カビ系チーズです。チーズ界の女王と言われ、今や世界中で老若男女問わず愛されているチーズですよ。

軟質で内側がやわらかく、表皮が固めなのが特徴です。主に2種類のカマンベールチーズがあり、表面に白いカビを生やして熟成する伝統的な製法で作られるものと、熟成が適度な状態のときに包装、密閉して加熱殺菌するロングライフタイプがあります。

味や香りの特徴

チーズケーキの材料として使われることがある、クリーミーでやさしいカマンベールチーズ。表皮の苦味、内側のコク、旨味の組み合わせが赤ワインとの相性もよく、お肉と合わせて楽しむ食材として使われることが多くあるチーズです。

白カビ系チーズなのでもちろんカビの香りはしますが、そこまで強くないので初心者でも食べやすいのが特徴です。

基本の食べ方

濃厚なコクとうまみ、そしてクリーミーな口どけが印象的なカマンベールチーズ。その風味や口当たりを楽しむには、ふたつの方法があります。まずは加熱せずそのまま食べる方法。やわらかなカマンベールチーズの口当たりを、ダイレクトに楽しむことができます。

もうひとつは、加熱調理をして楽しむ方法。カマンベールチーズをそのままオーブンやトースターで温めて食べるのもおいしいですが、油で煮込んでアヒージョのようにしたり、フライ料理の具材として楽しむなど、さまざまな料理の食材として使用することが可能です。

おつまみにおすすめ!そのまま楽しむカマンベールチーズレシピ7選

1. おもてなしにおすすめ!簡単ブルスケッタ

切ったカマンベールチーズを生ハムと一緒にバゲットにのせるだけの、超お手軽メニュー。ベビーリーフやクレソンなど、付け合わせの材料を工夫すると風味も増しますよ。すぐにできるのにおしゃれに見えるので、おもてなしにもおすすめです♪

2. フルーティ&クリーミー。りんごとチーズのカナッペ

ビスケットの上にカマンベールチーズとスライスりんごをのせるカナッペです。りんごのフルーティーさとチーズのクリーミーさが相性抜群!ワインのおつまみとしてもおすすめですよ。カマンベールチーズはりんご以外にも柿や桃、いちじくなど、どんなフルーツに組み合わせても楽しめるチーズです。

特集

FEATURE CONTENTS