3. 溶かしたバターを入れます

Photo by muccinpurin

溶かしたバターを入れてひと混ぜしたら、生地のできあがりです。 生地はできあがってから時間が経つと、ベーキングパウダーが反応しなくなりうまく膨らみません。【下準備】でも書いた通り、あらかじめ道具を用意しておいて生地が完成したらすぐ焼くようにしましょう。

最大のカギ!ホットケーキの焼き方

1. フライパンを温めて生地を流します

Photo by muccinpurin

フライパンを温めてキッチンペーパーで薄く油を引いたら、水で濡らして絞ったふきんの上にのせて「ジュッ」という音がしなくなるまで冷まします。

Photo by muccinpurin

再び弱めの中火にかけて生地を流します。今回はサイズをそろえるため、リングを使いました。

2. 気泡が出てきたら裏返します

Photo by muccinpurin

写真のように、全体にプツプツと気泡が出てきたら裏返すタイミングです。リングごと一緒に裏返しましょう。

3. できあがり!

Photo by muccinpurin

きれいな焼き色がつき、ふっくらと仕上がりました♪ 生地自体がおいしいので、まずはシンプルにバターとはちみつで味わってみてください。バターやはちみつが生地に染み込みしっとりするので、温かいうちはもちろん冷めてもおいしいんですよ。

ふわふわにするための簡単な2つのコツ

一度フライパンを冷ましてきれいな焼き色に

Photo by muccinpurin

フライパンを一度冷ますのは、熱くなりすぎた熱を一旦落ち着かせるため。このひと手間で生地全体に均一に火が通るうえ、美しいきつね色に焼きあがります。 「1枚目よりも2枚目以降の方が焼き色がきれい!」なんてことはありませんか? 実はこれ、フライパンに熱が均一に回ってきた証拠。何度も焼いてみて火加減のコツを掴みましょう。

ベーキングパウダーが成功のポイント

きれいに膨らませるポイントは、ベーキングパウダーの扱い方。薄力粉と混ぜてしっかりと振るうことで、生地全体に行き渡って均一に膨らみます。 ベーキングパウダーは水分や熱に反応して、刻一刻と生地の状態は変わっていきます。上でも書きましたが、生地ができたら時間を置かずすぐに焼きましょう。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ