ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

「田楽」とは?

Photo by Snapmart

田楽(でんがく)は、串にさしたお豆腐やこんにゃくなどに味噌をつけて焼いたお料理のことです。「田楽焼き」や「味噌田楽」とも呼ばれています。ナスや里芋などのお野菜を同様に焼いていただくこともあります。 お味噌には木の芽や柚子などを加えることもあり、甘いお味噌の風味がお酒やごはんに合うと古くから親しまれています。

名前の由来

「田楽(でんがく)」という名前は、平安時代に農村で豊作を祈る風習「田楽舞い」が由来とされています。 この「田楽舞い」では、白い袴を履いて一本棒に乗って飛び跳ねる踊りがあります。この衣装に、お豆腐を串に刺した形が似ていることから名づけられました。 「田楽舞い」は室町時代には衰退し、現在は民族芸能として神社などで行われている地域もあるようです。

各地方の郷土料理に

「田楽」と「おでん」の歴史

田楽は、元々お豆腐にお味噌をつけたお料理でしたが、しだいに野菜を素材にしたものや川魚を使ったものなどバリエーションが増えてきました。 また、江戸時代に生まれた、田楽をアレンジして具材をゆでる「煮込み田楽」は、今の「おでん」の始まりとも言われています。 こうして具材を焼いてお味噌をつけるものを「田楽」、具材を煮たものを「おでん」と区別して呼ばれるようになりました。

各地の名物料理に

ひとことで「田楽」といっても地域によって特徴があります。 たとえば、岩手県の北部地域ではお祝いごとがあると、にんにくや生姜、山椒などを混ぜたお味噌をつける「豆腐田楽」を食べる風習があります。 愛知県の豊橋地方では、赤味噌の田楽と大根の葉っぱを炊き込んだ「菜飯」をセットで食べる「菜飯田楽」が名物です。 ほかにも、九州地方では里芋や川魚、サワガニを素材にした田楽があります。

田楽の食材は種類いろいろ

田楽といえばお豆腐やこんにゃくのイメージがありますが、実はいろいろな食材で作ることができるんです。 お野菜なら、里芋や長芋、なすなどがおすすめ。ゆでた大根に田楽味噌を塗って食べることも多いですね。 厚揚げや生麩、お餅なども素朴な味わい。鮎やイワナ、鮭などのお魚で作る田楽も楽しんでみてはいかがでしょうか?
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS