選び方

「香菜」は、葉がみずみずしくて鮮やかなものを選びましょう。鮮度が落ちてくると葉の色が黄色っぽくなってきます。また、茎があまり太くなくシャキッとしているのもポイント。根が付いたものだと日持ちしやすいのでおすすめです♪

保存方法

保存するときには、乾燥しないように濡れた新聞紙などでくるんで袋などに入れて冷蔵庫の野菜庫に入れておくのが理想的です。保存期間は2〜3日くらいは大丈夫。けれども、時間が経るとその独特の香りが減ってくるので、早めに食べるのがおすすめです。 根付きの「香菜」なら、水入りのグラスなどに差しておけばさらに長時間の保存が可能に♪

「香菜」のおすすめの食べ方

「香菜」の特徴といえば、その独特の香りです。葉の部分は香りづけとして生のまま料理に使うことが多いのですが、茎や根の部分も煮込み料理の風味づけとして活用できます。 具体的な活用方法としては、サラダや生春まき、フォーやスープのトッピングとして。また、炒め物の仕上げに加えるのもおすすめです。魚介類との相性もよいので、ポワレやムニエルなどの風味づけにもぴったりな食材です。

「香菜」を使ったおすすめレシピ10選

1. 香菜入り春雨サラダ

香菜の持つ風味をたっぷりと楽しめるレシピ「香菜入り春雨サラダ」。洗って3cmくらいにカットした香菜とゆでてもどした春雨、あとは千切りににしたハムときゅうりを合わせ調味料で和えるだけのお手軽レシピです。 醤油をナンプラーに変えるとよりエスニックな味わいに!

2. 香菜入り卵焼き

香菜を卵とまぜて焼きあげるレシピ。香菜をまぜあわせる以外には一般的な卵焼きと同じ作り方です。香菜の香りがあまり得意ではない方でも食べやすいのが特徴♪ お弁当のおかずにもぴったりなレシピです。

3. 香菜たっぷりチャーハン

「香菜たっぷりチャーハン」は、香菜とザーサイの風味が相性抜群のレシピ。香菜は葉と茎に分けて細く刻んで、ご飯と一緒に炒めあわせます。仕上げには、うえから香菜の葉をたっぷりと♪ それだけで華やかなひと皿に!

特集

FEATURE CONTENTS