ライター : ako0811

兵庫県西宮市在住の手作り大好き主婦です。特に野菜やお魚、フルーツなど健康的なレシピが好きです。また、外国文化にも興味があり、エスニックなもの、お酒にあうピリ辛なもの、世界を…もっとみる

どんな料理にも合う!万能調味料「ガストリック」とは?

フランス料理の隠し味

見た目にも美しく、繊細なフランス料理。そんなフレンチシェフたちがコク出しのために使っているのが「ガストリック」という調味料。 人間は、飴色になった玉ねぎやおこげなどの雑味を、味の深みやコクとして「おいしい」と感じます。この独特の香りや焦げついたような味・色は、糖分とタンパク質が熱されて相互作用を生む「メイラード反応」によって生まれたものなんです。これはフランス人の科学者ルイ・カミーユ・メヤールによって発見されました。 ガストリックはそのメイラード反応を起こさせた調味料の塊です。素材のおいしさを最大限に引き出すための魔法のソース「ガストリック」は、フランス料理の隠し味としてよく使用されているんですよ。

材料は何を使うの?

基本の材料は、砂糖、酢、水の3つだけ。家にあるもので手軽に作れるのはうれしいですね。比率は、「砂糖:酢=5:1」に対し、水を砂糖の半量。 砂糖はグラニュー糖、お酢は米酢かワインビネガーなどくせのない材料を使うと、どんなお料理にもマッチしやすいですよ。あとは火にかけてカラメル色になるまで煮詰めるだけで完成です。

ガストリックの作り方

Photo by ako0811

漆黒のつややかなソース「ガストリック」は、そのまま食べても酸味と苦味がメインでおいしくありません。でもお料理に加えると深いコク、甘味が生まれます。ひと瓶ストックしていると、味の決め手にも大活躍。ほんの10分ほどで作れる万能調味料、ぜひお試しください。

材料(小瓶ひとつ分)

Photo by ako0811

・グラニュー糖……200g ・酢……40cc ・水……100cc

作り方

1. グラニュー糖と酢を火にかける

Photo by ako0811

小鍋に、グラニュー糖と酢の全量を加えます。木べらでさっと混ぜ合わせ、強火で火にかけます。グラニュー糖は20秒ほどで溶けサラサラの状態になりますよ。

Photo by ako0811

時々混ぜながら強火で火にかけていくと沸騰しはじめ、透明の泡がブクブクと出てきます。そのまま強火で3分ほど煮詰めましょう。

Photo by ako0811

泡の大きさがだんだん小さくなり、ふちが薄く茶色になってきます。これから一気にカラメル色になるので目を離さずに見ておきましょう。

Photo by ako0811

泡が大きくなり、まるでプリンのカラメルのような濃い茶色になります。うっすら煙が出てきたら加熱を止める合図です。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS