ふっくら香ばし!焼きさんまの炊き込みごはん

45 分

「焼きさんまの炊き込みごはん」のレシピと作り方を動画でご紹介。土鍋にしめじとさんまを入れて炊き込みました。炊き上がりにすだちと三つ葉をのせると、さっぱりと爽やかな香りが食卓に広がります。秋の味覚がたっぷりと詰まった上品な炊き込みごはんです。

ライター : 松井 麗

料理家 / フードコーディネーター

小さい頃からお菓子作りや料理が大好きで、小学生の時の自由研究では、手書きのレシピノートを作るほど。2016年からmacaroniの料理家として500を超えるレシピを開発。現在は広告案件の…もっとみる

材料

(3〜4人分)
  • 2合
  • さんま 2尾
  • しめじ 1パック(100g)
  • しょうが 2片
  • 400cc
  • 白だし 大さじ2と1/2杯
  • 少々
  • 薄口しょうゆ 大さじ1杯
  • トッピング
    • すだち 1個
    • 三つ葉 適量

下ごしらえ

・さんまは頭を落として内臓を取り、きれいに水洗いして水気を拭き取り、半分に切ります。
・しょうがは皮をむき、千切りにします。
・お米は30分ほど浸水してザルにあげます。
・しめじは石づきを切り落とし、手でほぐします。
・すだちは薄切りにします。

作り方

1

さんまは塩を振って、グリルまたはトースターで7〜8分ほど焼き、表面に焼き色を付けます。

2

土鍋に米、薄口しょうゆ、白だし、水を入れて混ぜます。

3

しめじとしょうがを散らし、①のさんまをのせてフタをし、中火にかけます。

4

10分ほどすると沸騰してくるので、沸騰したら弱火にし15分炊き、火を止めて10分ほど蒸らします。

5

フタを開け、すだちと三つ葉をトッピングしたら完成です。

コツ・ポイント

炊飯器でも同様に作ることができますが、内釜の大きさによって具材が入りきらない場合や、溢れ出てしまう場合があるので注意してください。また、食べる際はさんまの骨に十分注意してくださいね。一度取り出して骨を取り除いてから混ぜると、より安全にお召し上がりいただけますよ。
▼魚介と野菜の炊き込みご飯レシピ

特集

FEATURE CONTENTS