ジンギスカンの〆はうどんで!

ジンギスカン鍋の〆は、うどんがおすすめ。鍋にゆでうどんをほぐし入れ、タレを絡めてください。全体がきつね色になったらできあがりです。ジンギスカン鍋以外のフライパン、ホットプレートでも同様に作れるのでぜひ試してみてくださいね。

ジンギスカンはレアでも食べられる?

ジンギスカンの羊肉をレアで食べるのは避けてください。加熱が不十分だったり生で食べたりすると、寄生虫による食中毒を起こすおそれがあるため注意が必要です。55℃で5分以上、中心温度が67℃になるまで加熱してから食べてくださいね。(※1)

タレのないジンギスカンはどうする?味付けレシピ2選

1. 爽やか♪ 塩レモン味のジンギスカン

Photo by macaroni

しょうゆベースが多いジンギスカンを、塩レモン味で味わってみませんか?レモンの爽やかな香りでさっぱりいただけますよ。下味をつけて冷凍保存すると肉全体に味が染み渡ります。羊肉独特のくさみが気になる方も、ぐっと食べやすくなるはず。いつものジンギスカンをアレンジしたいときにいかがでしょうか?

2. おろし玉ねぎで。甘辛味のジンギスカン

たっぷりのおろし玉ねぎとしょうがで作るジンギスカンのタレは、風味豊かな味わい。玉ねぎの甘みが羊肉と野菜に絡んで格別のおいしさです。甘辛い味付けは幅広い世代に好まれますよ。お好みで、すりおろしりんごやにんにくを加えるのもおすすめ。

おうちで上手にジンギスカンを焼こう!

ジンギスカンは専用鍋以外にもフライパンやホットプレートで手軽に作ることができます。野菜をタレで煮込み、羊肉を香ばしく焼き上げるコツを押さえれば、お店に負けない本格的な味を楽しめますよ。

野菜は旬のものや冷蔵庫にあるものでアレンジ自在。蒸し焼きにすることで、肉だけでなく野菜もたっぷり食べられるのがうれしいポイントです。北海道のソウルフードを、おうちで味わってみてはいかがでしょうか?
【参考文献】
(2022/02/22参照)
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ