オランダ南部料理

オランダがヨーロッパの中心であった中世から、豊かな食事が好まれているのがこの土地です。ベルギーに面しておりベルギー料理と混ざっているのも特徴ですね。 濃厚な味付けのシチューや肉料理が好まれ、オランダ料理のなかでは高級で華やかな印象があります。オランダ各地域の食材やアルコール飲料を手に入れることができ、幅広い料理が楽しめます。

おすすめのオランダ料理11選

1. ムール貝の白ワイン蒸し

日本でも手に入りやすいムール貝の白ワイン蒸し。シンプルな味付けでも、ムール貝の旨味が広がっておいしい!こちらのレシピはイカ墨を入れて、コク深くまとめたひと品です。肌寒い季節ぜひ作ってみてください。

2. エルテンスープ

えんどう豆のスープです。イメージされるスープよりも濃厚で具だくさん!えんどう豆が溶け切ってしまうほど煮込み、細かく刻んだ野菜も合わせていただきます。ソーセージや豚肉の塊を入れることも多く、メインにしても充分満足できるお料理です。

3. メトヴォルスト

オランダの伝統的なドライソーセージです。とても香りが強く、食感も硬めで独特。保存性がよく、昔は非常食として食べられていたようです。今はおつまみとして食べたり、サラミのようにサンドイッチやピザにのせて食べるのが一般的です。

4. オムレット

オランダのオムレットは、具だくさんなのが特徴です。ジャガイモやマッシュルーム、チーズやソーセージなどが入っているものもあり、オムレットだけでもしっかりお腹いっぱいになれる料理です。

5. ゼウスボールス

甘いデニッシュのようなパンです。たっぷりのお砂糖とバター、シナモンが使われており、地域によってはオレンジやアーモンドが入っているものもあります。コーヒーと共にティータイムに提供されることが多いですね。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS