とろっとキャラメルが溶ける♪ オランダのお菓子「ストロープワッフル」とは?

オランダの伝統菓子「ストロープワッフル」。ストロープとはオランダ語でシロップを意味します。そんなストロープをカリッとクリスピーなワッフルで挟み込んだお菓子は、温めても冷やしてもおいしいのが特徴。お家に常備しておくと、お茶の時間がより充実すること間違いないひと品です♪

2019年3月12日 更新

オランダのお菓子「ストロープワッフル」とは?

ストロープワッフルとは

オランダの伝統的なお菓子、ストロープワッフル。薄いクリスピーワッフルを2枚重ねた間にシナモン風味のシロップをサンドしたお菓子です。

本場オランダでは、コーヒーや紅茶のカップの上にフタをするようにのせて温めてから食べるのが主流。間に挟まったシロップがとろりと溶け出て、よりおいしくなる食べ方なんです。

味と食感

温める前はまだ硬めのストロープワッフルですが、温めることで生地がふんわり、中のシロップは温める前はねっちりとした食感ですが、とろとろとした食感になります。

中身のシロップからシナモンの香りが漂い、全体的にお上品な味わいになるのが特徴的です。

ストロープワッフルのおいしい食べ方

1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

きく

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう