ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

オランダのお菓子「ストロープワッフル」とは?

ストロープワッフルとは

オランダの伝統的なお菓子、ストロープワッフル。薄いクリスピーワッフルを2枚重ねた間にシナモン風味のシロップをサンドしたお菓子です。 本場オランダでは、コーヒーや紅茶のカップの上にフタをするようにのせて温めてから食べるのが主流。間に挟まったシロップがとろりと溶け出て、よりおいしくなる食べ方なんです。

味と食感

温める前はまだ硬めのストロープワッフルですが、温めることで生地がふんわり、中のシロップは温める前はねっちりとした食感ですが、とろとろとした食感になります。 中身のシロップからシナモンの香りが漂い、全体的にお上品な味わいになるのが特徴的です。

ストロープワッフルのおいしい食べ方

そのまま食べる

まずはそのまま食べてみましょう♪ なかのシロップやキャラメルはまだ固まったままなので、ギシッとしたかみごたえがある状態です。これはこれでおいしいんですよね!シロップのシナモンの風味も、そのままで食べる場合は味わって楽しみましょう。

温かい飲み物を注いだカップの上にのせて

温かい飲み物を注いだカップの上にのせてから食べるのが、ストロープワッフルの伝統的な食べ方。特に寒い季節に温めて食べるのが絶品だそう!温めるとなかのキャラメルが溶けて、全体的にやわらかい食感に変身するので、お試しあれ♪
Photos:2枚
ストロープワッフル
ストロープワッフル
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS