ウクライナ料理「ボルシチ」って?基本レシピ&おすすめ献立をプロが伝授!

今回は、ウクライナの伝統料理「ボルシチ」のレシピをご紹介します。簡単なコツで、グッと本格派に仕上がるんですよ。基本レシピはもちろん、そのほか人気のレシピやおすすめしたい献立案までまとめているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年9月27日 更新

ウクライナ料理「ボルシチ」とは

ボルシチとは、目にも鮮やかな深紅色をした煮込みスープ。世界三大スープといわれ、ウクライナやロシア、東欧諸国の伝統的な料理です。インパクトあふれる鮮やかな深紅色は、ビーツの色。

ボルシチにはサワークリーム(スメタナ)を添えて、混ぜていただきましょう。深紅色と白のコントラストが目と心を奪う、美しくておいしいスープです。

ボルシチの英語名

そんなボルシチですが、英語ではどう呼ぶのでしょうか?英語表記では「Borscht」と書きます。ちなみにウクライナ語ではборщ(ボールシュチュ)と記載し、どちらも日本語での発音と若干異なりますので、ぜひ覚えておきたいですね。

どんな味?

ボルシチの代表食材であるビーツは、基本的にあまり味がしません。そのため、味の軸となるのは一緒に加えるトマト。さらに牛肉や野菜などいろんな食材を加えるため、それぞれの旨みや風味が染み出た味わいに仕上がります。

食べ方

ボルシチは、「スメタナ」という牛乳から作られたサワークリームを添えられています。これをスプーンで溶かしながら混ぜていただくのが、正しい食べ方です。深紅色と白のコントラストが目と心を奪う、美しくておいしいスープです。
1 / 6

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

田村佳奈子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう