【意外すぎる料理のホント】あなたの味覚の常識を覆す「ペルシャ料理」13選

みなさんは「ペルシャ料理」を知っていますか? 「ペルシャは中東だから、スパイスを全面に押し出したピリ辛な味付けが特徴?」といった想像をしがちですが、実はそういった強い辛味や香りの強い香辛料は使わないんです! 実は、意外にも素材本来の味を活かしたナチュラルな味付けが多いのだとか! そこで今回は、あなたの常識を覆すこと間違いなしの、人生で一度は食べるべきペルシャ料理を13個ご紹介します!

【意外すぎる料理のホント】あなたの味覚の常識を覆す「ペルシャ料理」13選

ペルシャ料理とは?

ペルシャとは古い歴史を持つ現在のイランの国のことです。

中東というとスパイスが全面に出たピリ辛料理を想像しがちですが、そういった強い辛味や香りの強い香辛料は使わないのがペルシャ料理。日本でもなじみの深い調味料を中心に使われているんですよ。調味料だけでなく食材も、日本でよく食べられるものがほとんど。
そこで今回は、あなたの常識を覆すこと間違いなしの、人生で一度は食べるべきペルシャ料理を13個ご紹介します!

1、Doogh

イランのヨーグルト風味の炭酸飲料。甘みはほとんどないですが、シュワシュワのインパクト大。

また、「Doogh=酸っぱい」という意味で、一年中暑いイランならではの夏に飲みたくなる一杯。

2、Ash Reshte

イスラム教の断食ラマダーン明けに食べられるひよこ豆とハーブのうどんスープ。

何種類もの豆やハーブが煮込まれ、ターメリックやコショウなどで味付けされたスープに、ミントの葉や玉ねぎ、ニンニクを油で揚げたもの、またカルシウムたっぷりの乳製品・キャシュクをトッピングして食します。

3、Salad Olivieh

イラン風ポテトサラダ。マッシュポテトに鶏肉やゆで卵、そのほか野菜を混ぜ込んでいます。この組み合わせ、間違いなし。

4、Dolmeh

ペルシャ語で「包む、覆う、詰める」という意味の「Dolmeh」は、葡萄の葉、ピーマン、パプリカの「Dolmeh」など豊富なバリエーションがあるという。

ちなみに、葡萄の葉のドルメは、葉が柔らかい春先にしか食べられない季節の料理。

5、Mast o Khiar

ヒツジまたヤギの乳からつくる、キュウリ入りのヨーグルト。

濃厚な水切りヨールグルトを使用し、薄切りのキュウリ、ニンニク、ミントを混ぜ入れ、砕いたクルミやバラの花弁を加えます。

6、Adas Polo

レンズマメ、ソテーしたナツメ、レーズン、玉ねぎのオレンジ、サフラン味のチキンとシナモン風味のバスマティライスを炒めたもの。

ちなみに、バスマティライスは別名「香りの女王」と呼ばれており、芳醇で繊細な味わいが特徴の香り米として有名。

特集

SPECIAL CONTENTS