ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

簡単!定番のしめ鯖の作り方

市販のものを購入して食べることが多いしめ鯖ですが、お家でも意外と簡単に作ることができます。作り方は、しっかりと塩でしめたあと、お酢に漬けるだけ。鯖は、ほかの魚に比べ、比較的安定した価格で手に入れやすいので、季節を問わずいつでも作ることができます。食べるときは、お好みの大きさに切って召し上がってください。
▼アニサキス対策についてはこちらをチェック!

冷凍保存の方法

お家で作る簡単しめ鯖は、冷凍保存をすることが可能です。酢から出し、汁気を拭き取ったら小骨を抜き、ラップに包んで冷凍庫に入れます。食べるときは、冷蔵庫に入れてゆっくりと自然解凍をさせてからいただきましょう。

【主食】しめ鯖を使った人気レシピ5選

1. しょうがが香る。しめ鯖のお稲荷

おもてなしやホームパーティーのメニューに人気の稲荷寿司。しめ鯖の旨味や酸味が、甘塩っぱいおあげに意外とよく合います。普通の稲荷寿司よりも見た目が豪華に見えるので、特別な日にもぴったりです。おろししょうがをのせると、しめ鯖の風味がより引き立ちます。

2. 混ぜ込むだけ!しめ鯖で簡単混ぜごはん

しめ鯖と薬味を細かく切り、酢飯に混ぜ込むだけの簡単混ぜごはん。さっと作れるのに華やかなので、おもてなしのメインにぴったりの料理です。大葉やみょうがなどの薬味をたっぷりのせると、食感がよく仕上がりますよ。おにぎりにして、お弁当のごはんにするのもいいですね。

3. 特別な日に。しめ鯖のちらし寿司

薬味たっぷりの酢飯に、しめ鯖をのせていただくちらし寿司。卵や桜でんぶを使わない、少し渋めの見た目が印象的です。ごはんにりんご酢やゆずの皮など混ぜ込むので、脂がのったしめ鯖もくどくなりません。お祝い事や特別な日の、大人用ちらし寿司にいかがですか?

4. パンとも相性抜群!しめ鯖サンドイッチ

さっぱり味のしめ鯖とコクのあるバター、ホースラディッシュのピリッとする風味がアクセントの「しめ鯖サンド」。バターはマヨネーズ、ホースラディッシュはチューブのわさびで代用可能です。パンも、トーストやバゲット、チャバタなどを使うと、いろいろとアレンジできますね。

編集部のおすすめ