ココアとチョコレートの違いとは?製造方法の違いやホットチョコレートとの違いまで

みなさんは、ココアとチョコレートの違いについて説明できますか?飲み物と食べ物の違いがあることは説明できるかもしれませんが、いったいどのタイミングで違うものになるのでしょうか?製造の工程を説明しつつ、どこが分かれ目になるのかを紹介します。

ココアとチョコレートの違いって?

ココアは粉末状のもので溶かして飲み物にする、チョコレートはそのまま食べるもの、というざっくりとした違いはわかりますが、原材料となるのはどちらもカカオ豆です。具体的に何が違うかご存知ですか?

カカオのどの部分を使うかが違う!

具体的に何が違うかというと、カカオを加工する工程と材料が違うんです。

ココアは、カカオからカカオマス(カカオの胚乳を発酵・乾燥・焙煎処理した加工品)を取り出し、そこからココアバターを抽出した残りでできています。要するに、カカオマスの油分を取り除き、カカオマスの塊をパウダーになるまで粉砕したものが「ココアパウダー」というココアの粉です。

一方、チョコレートはカカオからカカオマスを取り出し、そこにココアバターや砂糖、粉乳などを加えて固めた食べ物です。ココア(調整していないココアパウダー)はカカオマスというひとつの材料からできたシンプルなものですが、チョコレートはカカオマスにいろんな材料を加えてはじめてできる食べ物なんです。

チョコレートはすでにその状態が完成された食べ物ですが、ココアは砂糖などを加えて調整し、牛乳と合わせることで飲み物になります。またココアパウダーはお菓子の材料になったり、飲み物やケーキのトッピングに使われたりします。

ココアの製造方法

簡単な材料と製造法の違いは先ほど紹介しましたが、ここからはそれぞれの具体的な製造方法について触れましょう。

途中までの工程はチョコレートの製造方法とまったく同じです。カカオを選別し、分離、焙煎したのちに数種類のカカオニブ(皮と胚芽を取り除いたカカオ豆を砕いたもの)をブレンドして配合します。これをすりつぶすことによってドロドロのカカオマスとなります。

ここからがチョコレートとは違う工程。ココアをつくる場合、ドロドロのカカオマスから脂肪分であるココアバターを分離します。ココアバターを取り除いた塊を粉砕し、細かい粉末状にするとココアパウダーの完成です。ここから私たちがふだん飲むようなココアにするために、砂糖や粉乳を加えて調整ココアにします。こうしてココアはつくられるというわけです。

あとは調整ココアをお湯や牛乳に溶かすことで飲み物のココアになります。

チョコレートの製造方法

次はチョコレートの製造方法についてです。

途中の、カカオニブを粉砕するところまではココアとまったく同じ工程です。違うのは、ドロドロの状態のカカオマスに砂糖、ミルク、カカオバターを加える工程からです。この混合の工程でチョコレートの甘さなどが決まり、あとはなめらかなチョコレートにするために混合したカカオマスを微細化したり、精錬したりする工程が続きます。

その後、テンパリングを経て型に流し込まれ、冷やし固められたものがチョコレートとして販売されます。

ココアとチョコレートの製造方法から見えてくるのは、ココアがカカオから余分な脂肪分を取り除いたものだとしたら、チョコレートはカカオに脂肪分や糖分を加えてつくられるものであるということです。

ホットチョコレートとココアは何が違うの?

製造方法に違いがあることはわかりましたが、飲み物のココアとホットチョコレートではどうでしょうか?チョコレートとココアは食べ物と飲み物という違いがありますが、ホットチョコレートは飲み物ですよね。

実は、両者に明確な違いはないといわれています。

もともとカカオはアメリカ大陸で飲まれていたもので、それが16世紀ごろヨーロッパへ渡りました。その後改良を経て今のようなホットチョコレートとなったとされています。

私たちの感覚では、チョコレートを牛乳で溶かした飲み物がホットチョコレート、ココアパウダーを牛乳で溶かした飲み物がココアだという認識ですよね。しかし、ココアパウダーを使ったものでもホットチョコレートと呼ぶことがあり、結局のところ両者の違いを区別するものは何もないのです。

どちらも原料はカカオ!

どちらも原料は同じカカオですが、何を取り除き、何を添加するかによって別のものになるんですね。

食べ物のチョコレートと飲み物のココア、と区別すると分かりやすいですが、そこにホットチョコレートが加わるとややこしくなります。明確な区別はないので、お店で注文するときはチョコレートを使った飲み物か、ココアパウダーを使った飲み物か、気になったら聞いてみてください。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください

特集

SPECIAL CONTENTS