おでんのたこをやわらかくする方法

下ゆで

たこの下茹では、刺身用の茹でだこであれば時間をかけてする必要はないのですが、1分程度は下茹でしておきましょう。これは、たこの赤みがおでんの出汁に移るのを防ぐために必要なことです。おでんをおいしく、見た目もきれいに仕上げるには大事なポイントです。

圧力鍋を活用

おでんにたこを入れると、硬くなってしまうことがあります。それは充分に煮込んでいないためだと考えられます。たこは煮込めば煮込むほどにやわらかくジューシーになるので、長時間煮込んでおく必要があります。 とはいえ、普通の鍋で何時間も煮込むのは面倒ですよね。そこで活躍するのが圧力鍋です。圧力鍋を使えば短時間でやわらかく煮ることができますよ。

たこを入れてもっとおいしいおでんにしよう♪

おでんのたこをおいしくする方法を紹介しました。全国的にはおでんにたこを入れるのは珍しいですが、関西では定番の具材です。刺身用の茹でだこを使えば下茹でも簡単に済むので、調理も楽です。 おいしく食べるには相応の手間が必要ですが、じっくり手間をかけて煮込んだ分、やわらかくぷりぷりしたたこを食べたときの感動も大きいはず♪ 今回はじめてたこがおでんの具材になることを知った方は、一度自宅で試してみては?
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ