「あごだし」を使った人気レシピ5選!その種類や相性のいいお料理も

最近注目を集めている「あごだし」というお出汁をご存知でしょうか。あごが外れるほどおいしいというその味わいとは。相性のいい料理や、市販商品の種類にはどんなものがあるのでしょうか、おすすめのレシピ5選と一緒にご紹介します。

あごだしはあごが外れるほどおいしい!?

あごだしとは

九州ではトビウオのことを“あご”と呼び、乾燥させたトビウオでとったお出汁を「あごだし」と言います。九州地方を中心に、西日本で古くから使われているお出汁であり、中でもあごだしが使われた料理として、長崎名物「五島うどん」が有名です。名前の由来には「あごが落ちるほどおいしい」ことから、この呼び名がついたという説もあるんですよ。

どんな味?

トビウオは飛び跳ねたりと運動量が多いので、雑味の原因になる脂肪分が少なく、青臭さが抑えられたお魚なのだとか。そんなトビウオでとるあごだしは、コク深くとっても上品な味わいが特徴です。おすましを作るのにもぴったりで、だしの中でも高級な位置づけとなっていますよ。

あごだしに合う料理

汁物・茶碗蒸し

味噌汁やお吸い物、茶碗蒸しなど、お出汁をそのままいただくようなお料理に使うのもおすすめです。上品な口当たりで、煮干しやかつお節でとるお出汁とはまた違った、あごの味わいを存分に楽しむことができるんですよ。

煮物・鍋

具材にたっぷりのお出汁を染み込ませて仕上げる、煮物やお鍋に使うものおいしくいただく方法です。あごだしで作ると、お店でいただくような本格的な味わいになると評判なんですよ。ほかにはおでんなどもおすすめです。いつものお料理をワンランクアップ、上品で旨みの効いた仕上がりを堪能しましょう。

ラーメン・うどん

あごだしと言えば、長崎県の「五島うどん」。あごだしとの相性のよさは折り紙付きです。あごだしを使った料理を作る時には、ぜひ試してみてくださいね。同じ麺類でもラーメンとの相性もいいようです。にぼしを使ったスープはよくありますが、あごだしでとったスープの味わいはとってもスッキリ。旨みのあるコク深いスープに仕上がりますよ。

あごだしの種類

あごだしつゆ(液体)

つゆタイプのあごだしは、扱いやすいのが特徴です。お出汁としてはもちろん、仕上げの醤油代わりにかけたり、お好みの濃さに調整したりと自由自在。ストレートで使うものや、濃縮されていて水で薄めて使うタイプなど、商品の数も多く、お好みのものを探す楽しみも♪

あごだしパック(粉末)

焼きあごを粉末にしてパックにしたタイプです。水に浸したり、水から煮だして出汁をとるタイプのもので、味の調整もご自身のお好みで可能です。自宅でとる出汁としては、手軽にとれるのも特徴ですよ。パックを破ってふりかけにしたり、仕上げ調味料として使うこともできます。

焼きあご

あごをそのまま焼いて干したものです。煮干しなどと一緒で、下処理をしてだしをとるタイプとなり、ていねいな作業が必要ですが、その味わいは格別。お好みの調味も自由自在です。機械で焼かれたものもありますが、炭でていねいに焼かれたタイプ、中には備長炭で焼かれたものなどがあり、その品質にも幅があります。

人気あごだし商品3選

特集

SPECIAL CONTENTS