殻ごとOK♪「天使の海老」ってどんなエビ?おすすめレシピ5選も

最近外食をしていて「天使の海老」という名前の付いたメニューをよく見かけませんか?天使の海老とはどういう海老なのか、その特徴や産地、気になる名前の由来、殻ごといただけるおすすめレシピも併せてご紹介します。通販での購入も可能なのだとか……♪

2018年7月9日 更新

天使の海老「パラダイス・プロン」とは?

なんていう品種?

天使の海老の正式名称は「パラダイス・プロン」、世界最高品質と言われている品種です。養殖の海老で、髭が長く大きさは約16~17cmとビッグサイズ◎ 殻は薄いのでまるごといただけますよ。生の状態のカラダはとってもキレイで、水のように透明で青みがかっているのが特徴です。

名前の由来は?

世界でいちばん美しい海を持ち、“天国に一番近い島”として知られる場所で養殖されています。このことから、「天使の海老」というブランド名が付けられました。世界自然遺産にも登録されたサンゴ礁がある国とは……。

どこが産地なの?

南太平洋に浮かぶ数十の島々からなる“ニューカレドニア”が天使の海老の産地です。フランスの海外領土であり、美しいビーチや種類豊富な海洋生物が生息する、世界最大規模の広さを誇る水深の浅いラグーンで知られています。その美しい海は、スキューバダイビングのスポットとしても人気です。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう