ライター : mkmog

管理栄養士 / 食生活アドバイザー / デリカアドバイザー

育児に奮闘中ながらも子どものいる生活に癒されています。おいしいもの、ゆったりとした暮らしが好きです。

黒ソイ(クロソイ・黒曹以)とは?

特徴

黒ソイは北海道・三陸といった日本海側の地域での漁獲が多く、北の魚というイメージがありますが、生息域は北海道以南の日本沿岸各地なんです。 若魚は漁港や岸壁などからでも釣ることができますが、成長するにつれて深場へ移動していきます。ロックフィッシュなどと呼ばれ岩礁帯を好み、普段は岩陰に身をひそめています。

分布・生態

黒ソイはカサゴの仲間の海水魚であり、市場では「ソイ」として扱われることも多いようです。大きさは平均で30cm程度。地域によっても体色は大きく違いますが、体には黒いマダラ模様が入っています。「ソイ」のなかではもっとも大きく「北海道の鯛」ともいわれるほど。メバルと同じ白味魚ですが、より安価で手に入ります。

北海道や青森県などの北国での漁獲が多い黒ソイ。旬は晩秋から冬にかけてですが、この魚だけの漁はなくいろいろな魚とともに獲れるため、1年を通して市場に出荷されています。漁獲量のピークは秋から初冬と春から初夏の2回です。

値段

鯛の水揚げがない北海道では「鯛」として扱われる黒ソイ。ソイのなかでも美味とされ割烹料亭などで取り扱われますが、旬の時期には一般の鮮魚店でも手に入ります。ネットでは1kgあたり1,500円から3,000円ほど。 握りではひと皿120円程度のものから一貫400円と、やや高級なネタとして扱うところもあります。

黒ソイの食べ方

黒ソイはメバルと同じ白身魚でクセやくさみがなく、シンプルな調理でもおいしく食べられます。刺身としてもコリコリとほどよい食感がおいしいですし、塩焼きや姿のまま揚げても食べ応えがあります。煮付けやオーブン焼き、ムニエルとしても◎
Photos:6枚
器の中に盛られた黒ソイの柚子胡椒もみ
一覧でみる
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS