皮がパリッパリ!「ベーコンエピ」基本の作り方とアレンジレシピ3選

ベーコンエピは、パン屋さんにもよく並んでいる定番ハード系パン。ベーコンのうまみを吸ったシンプルなパン生地は、皮がパリパリで噛むともっちり!今回は、ベーコンエピの基本の作り方とアレンジレシピ3選をご紹介していきます。

2018年11月27日 更新

2. 粉類にぬるま湯を加えて混ぜる

Photo by uli04_29

混ぜ合わせた粉類にぬるま湯(30℃ほど)を加え、手でぐるぐると混ぜます。まとまるまで1~2分混ぜ続けましょう。

3. 台に出してこねる

Photo by uli04_29

生地がまとまったら打ち粉(強力粉)をした作業台に取り出し、こねていきます。上下に生地を伸ばすようにして丸める、角度を変えてまた伸ばして丸める、という作業を7分ほど繰り返しましょう。20回伸ばすたびに1度生地を作業台に叩きつけるようにするとベストです。

4. 30℃で計2時間 一次発酵させる

Photo by uli04_29

生地がなめらかになったら丸めてボウルに入れ、ラップをして30℃で30分発酵させます。 30分経ったら生地をボウルの底からすくい上げるように持ち上げて、軽くガスを抜きましょう。生地が2倍程度の大きさに膨らむまで、さらに30℃で約90分発酵させます。 ※途中でガス抜きをすることで発酵を促します。オーブンの発酵機能がない場合は、なるべく温かい場所で生地が2倍の大きさに膨らむまで時間をかけて発酵させてください。

5. ガスを抜いて3等分にする

Photo by uli04_29

生地が2倍の大きさに膨らんだらボウルから取り出して、手のひらで生地を軽く潰してガス抜きをしてから3等分に切り分けます。 ※パンの大きさを性格に均一にしたい場合は、生地の重さを量って切り分けましょう。

6. 室温で15分休ませる

Photo by uli04_29

3等分にした生地を丸め、閉じ目が下にくるようにしたら室温で15分休ませます。乾燥しないようにラップをふんわりとかけておきましょう。

成形から焼き上げまで

7. 生地を平たくして長く伸ばす

Photo by uli04_29

休ませた生地を手である程度平たくしたら、麺棒を使ってベーコンを縦に2枚置けるくらいの長さに伸ばします。
2 / 5

特集

FEATURE CONTENTS