「はつかだいこん」の栽培方法や保存方法◎おすすめレシピ7選も

ラディッシュとしても知られる「はつかだいこん」とはどんな野菜?はつかだいこんの選び方や知っておきたい保存方法、初心者でもできる種から育てる栽培方法など、サラダだけでなくメインも♪ おすすめ7選のレシピと一緒にご紹介します。

2018年7月13日 更新

はつかだいこんとは

「はつかだいこん」は、英語名では「ラディッシュ」と言い、こちらの方が聞き慣れている方もいらっしゃるかもしれませんね。日本では、はつかだいこんをはじめ、小さい大根の品種が「ラディッシュ」と総称されています。

はつかだいこんは、その葉っぱや形がまるいことからカブの仲間と考えられがちですが、アブラナ科ダイコン属で、地中海沿岸が原産とされる西洋品種の大根の一種なのです。ほどよい苦みがおいしく、カリカリとした硬めの食感と、赤く小さな球形が特徴の野菜ですよ。

中サイズのもので1つ約10g、このカロリーは2キロカロリーほどです。そのほとんどが水分で9.5g、炭水化物が0.3g、たんぱく質が0.1gとなっています。

はつかだいこんの選び方と保存方法

おいしいはつかだいこんの選び方

はつかだいこんは、葉の部分もやわらかくおいしいのが特徴です。お店で選ぶ時は葉っぱにハリがあるものがおすすめ。まるい根の部分は、ふっくらとしていて皮にハリがあり、色鮮やで発色のいいものものを選びましょう。そのまま添えたり、飾り切りをする場合はきれいな球形のものがいいですよ。

大きさにもバラつきがあり、大きいものや小さいもの、球形が少しゆがんだものがあります。大きく育ちすぎているものや、葉の付け根部分が割れそうなものは、中にスが入っていることがあるので避けるようにしましょう。

知っておきたい保存方法

はつかだいこんは小さく、水分量も少ないので乾燥しやすい野菜です。新鮮なうちに食べきるだけの分を購入するのがおすすめ。長く保存する場合は葉と根を切り分けて、湿らせたキッチンペーパーで包み、保存袋に入れて冷蔵庫の野菜室で保存するようにしましょう。葉の部分は日持ちしないので、なるべく1~2日のうちに使い切ります。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう