1年に一度のお楽しみ♪ 梅サワーの作り方と梅選びのポイントを解説

6月の梅雨の時期にだけ手に入る青梅を楽しんでいる方が増えているのだとか。中でもお酢を使って作る「梅サワー」は、幅広い年代の方が楽しめると人気です。梅の選び方から梅サワーの作り方、賞味期限や作り方のコツについてご紹介します。

2018年6月13日 更新

梅サワーの作り方

“サワー”と聞くと、お酒のようなイメージもありますが「梅サワー」は、甘い香りとやさしい酸味がおいしいフルーツビネガーです。梅酒づくりと同じように青梅を使い、焼酎の代わりにお酢と氷砂糖を使います。

材料

・青梅……500g
・氷砂糖……500g
・米酢……500cc

作り方

青梅を水でていねいに洗ってから、たっぷりの水に2~4時間つけてアク抜きをします。アク抜き後は水気をしっかりとふき取り、竹串などでへたの部分をとり除きましょう。熱湯消毒して乾燥させた保存ビンに青梅・氷砂糖の順に入れ、最後に米酢を注ぎ入れます。

冷暗所で保存すれば、1か月ほどで完成です。青梅は取り出さずに、そのまま入れておいた方が風味が増しますよ。

飲み方

梅サワーは、そのままいただけば、すっきりとした爽やかな味わいが楽しめますが、3~4倍の炭酸水や冷たい水、4~5倍の牛乳で割って、ジュースのようにゴクゴクいただくのもおすすめなんですよ。甘みや、濃さの好みでいろいろな割合を試してみてくださいね。
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

mau_naka

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう