コクと風味がたまらない!ブランデー梅酒の作り方とパック商品5選

ブランデー梅酒とは、ブランデーベースで作る梅酒のこと。最近は梅酒用のベースとして販売されるブランデーもあるほど人気です。作り方はほぼ梅酒と一緒ですが、コクがあり梅酒よりも早く漬け上がるのが特徴です。美味しいブランデー梅酒をお試しあれ!

2018年11月27日 更新

ブランデー梅酒の作り方

梅酒はホワイトリカー(焼酎など)で作ることが一般的ですが、ブランデーでも作ることができます。ベースとなるお酒のバリエーションが増えた最近では梅酒用のブランデーも販売され、益々ブランデー梅酒を楽しむ方も増えていますよ♪

ブランデー梅酒は、ホワイトリカーのように梅のさわやかな風味がありながら、普通の梅酒にはないコクやパンチも感じられるおいしいお酒です。

材料(4L保存瓶1本分)

・梅……1kg
・氷砂糖……500g〜
・ブランデー……1.8L 

作り方

1. 梅は洗ってざるに上げ、風の当たる日陰で乾燥させておく。
2. 保存瓶はよく洗い、煮沸消毒するか、食品用アルコールで消毒する。
3. 梅のへたを爪楊枝でとる。
4. 保存瓶に梅と氷砂糖を層になるように交互に詰める。
5. 上からブランデーをそっと注ぐ。
6. 直射日光の当たらない場所で保管。

作るときのコツ

保存瓶は必ず消毒をしてから使いましょう。漬け込んで砂糖がなじむまでは、瓶を毎日ゆすってあげると早く漬かりますよ(もちろん面倒ならそのままでもOK!)

砂糖が溶けたら冷暗所に保管しておきましょう。ブランデー梅酒はコクがあるので砂糖は500gくらいで十分ですが、甘いテイストが好きな方は1kgくらいまで増やしてもいいでしょう。
1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

misokko1

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう