簡単人気のしらす丼アレンジ5選

1. のせるだけシンプル「しらす丼」

春に旬を迎える「しらす」は獲れたてを生で、または、釜揚げやちりめんで食べるのがおいしいですよね。クセがなく、ほどよい塩気がご飯にぴったり。

まずはシンプルな丼。しらすと薬味をご飯にのせて醤油をかけるだけで、しらすの味を存分に楽しめます。

2. ごま油風味のしらす丼

こちらは、シンプルなしらす丼に卵黄をのせて、ごま油の風味が楽しめる丼です。しらすだけでもおいしいのですが、卵黄を加えることでまろみが生まれ、ご飯とベストマッチ。塩でさっぱり味に、ごま油の風味のコクも味わって。

3. おろしや薬味がたっぷりのしらす丼

暑くて食欲がないときも、あっさり食べられるレシピです。たっぷりのしらすと、大葉・小ネギに大根おろしで薬味もたくさんのせていき、麺つゆと醤油でかけタレを作れば完成。醤油のかどを取る麺つゆの甘味が、上品な丼に仕上げますよ。

4. アボカドワサビのしらす丼

こってりアボカドと、あっさりしらすのコラボレーションが楽しめる1杯。作り方はとっても簡単で、材料を切って、しらすをのせてワサビ醤油でいただきます。アボカドとワサビ醤油は相性がよく、ちょっとピリ辛でご飯がすすみますね。

5. 玉子とじしらす丼

そのまま食べても十分おいしいしらすを、天かすと一緒に玉子とじにしてた丼です。ネギ・天かす・しらすを出汁で煮て、最後に玉子でとじればできあがり。ここでは、九条ネギを使用していますが、普通のネギでOKですよ。

6. 温玉しらす丼

とろとろの温泉卵をしらす丼にトッピング。生卵とは違った食感と味わいを感じられます。白ごまと青のりで香ばしさと磯の香りをプラスして、彩りを加えましょう。まるで海辺のカフェのようなしらす丼になりますよ。

特集

FEATURE CONTENTS