ライター : manaminmin

4姉妹のお母さんをしながらライターをしています。美容・育児・ヘアスタイルなど幅広く執筆中。

子供が喜ぶおかずを作る3つのポイント

1. ご飯に合う味付け

子供が喜ぶおかずといえば、代表的なのはハンバーグや唐揚げ。お料理としてはカレーやオムライスなどがあげられます。どのメニューにも共通して言えるのは、はっきりとした味付けということ。調味料のチョイスはご飯がすすむをイメージしながら、味付けしてみましょう。

2. お野菜は小さめにカット

子供の舌は実はとても繊細で敏感。お野菜の中に含まれる苦味や酸味を、危険と感じ取ってしまうようです。調理をするポイントは小さめにカットし、中までしっかりと加熱しながら味を染み込ませること。火を通すことで野菜の本来持つ苦味も、驚くほど軽減されますよ。

3.「おいしそう!」と感じる色合いと盛り付け

子供は視覚からの情報も食欲に影響します。色合いとしては、おもちゃのようなカラフルな色味が大好き。特に小さな子供のうちは色の区別がしにくいため、原色カラーである赤色・青色・黄色といったはっきりとした色合いを好む傾向にあります。 調理をするポイントは、カラフルな色合いになるように素材選びから意識しましょう。人参やコーン、グリーンピースなどはカラフルな差し色になりますね。盛り付けるときはクマやネコの形を模したり、またはキャラクターに見える盛り付けが子供が喜ぶ定番です。

子供が喜ぶおかずお肉&お魚編

1. ご飯のお供にぴったり!「豚ひき肉の卵炒め」

作り方は材料を炒めて調味料でお味を整えるだけの、5分で作れる簡単レシピ!忙しい日の味方ですね。お味はしょうゆと砂糖がベースになっていて、甘辛い味付けでご飯がよくすすみます。お弁当のご飯の上にかけても◎

2. 懐かしくもまろやかな甘味「チキンケチャップ」

レトロな喫茶店メニューに出てきそうな、懐かしい味わいのチキンケチャップ。味付けのポイントは、鶏肉にケチャップやタレを揉み込んでから加熱すること。熱を入れることでケチャップの酸味がとび、まろやかになります。子供でも食べやすい甘味ある仕上がりに♪
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS