鰯を使った人気の和洋レシピ13選!包丁いらずの料理も

鰯(イワシ)といえば、スーパーの鮮魚売り場や魚屋さんで必ずと言っていいほど目にする魚です。手軽な値段で和食から洋食までさまざまな料理に使えるので、とっても重宝!今回は、そんな鰯のおすすめレシピを、定番からアレンジ料理まで幅広くご紹介します。

安くておいしい!万能お助け食材「鰯」

鰯は、価格も安く幅広いレシピに活用できるので、日本の食卓にとって欠かせない魚といえます。蒲焼きや煮つけ、フライなど、和食にも洋食にも使い勝手がよく、定番の家庭料理も数多いですね。しかし一方で、独特の臭みが苦手小骨が多くて食べにくいなどの声もよく聞かれます。

生臭いのは鮮度が落ちている証拠

確かに鰯は鮮度が落ちやすい魚といわれていて、新鮮でないものだと生臭さが出ることがあります。「魚へんに、弱い」と書く漢字の成り立ちからも、水揚げ後は繊細で傷付きやすいことがうかがえます。だからこそ特に鰯は鮮度が命!新鮮なものは臭みがなく、とてもおいしいですよ。

骨が気になる方は圧力鍋がおすすめ

骨はそれほど固くないですが小骨が多く、煮つけなどを食べる時に結構気になりますよね。そんな時は、圧力鍋を使ってやわらかく煮るのがおすすめです!普通の鍋で作るより調理時間が短くて時短になりますし、骨まで食べられるほどやわらかく仕上がります。

また、鰯は身がやわらかいので、包丁を使わずに手を使って魚を開く「手開き」が可能です。コツをつかめば手で簡単に中骨を外すことができますよ♪

うまみたっぷり!鰯ってどんな味?

鰯は、うまみが濃厚で主張が強い味といえます。重たい揚げ物や濃いめの煮つけがよく合いますし、逆に酢やショウガなどと合わせてさっぱりと食べる料理にも向いています。フライや甘露煮、南蛮漬けなど、鰯の味を生かした料理はたくさんあります♪

安定のおいしさ!鰯の定番レシピ3選

1. 鰯の蒲焼き

開いた鰯を甘辛ダレで焼く蒲焼きです。しっかりと味が付いていてごはんと相性ぴったりなので、丼ぶりやお弁当のおかずにもおすすめです♪ お好みで甘め・辛めに調味料の割合を変えたり、七味や山椒をふりかけて大人の味わいにしたりと変化をつけても◎

2. 鰯の南蛮漬け

さっぱりした鰯を味わいたいなら、酸味のある南蛮漬けはいかがでしょうか?タマネギやニンジンなどの野菜もたっぷり摂れます。香りが欲しい場合は大葉やみょうがを加えてもOK!甘酸っぱい味付けで鰯の臭みが目立ちにくく、お子様にもおすすめのひと品です。

3. 鰯のつみれ汁

ふわふわ食感のつみれ汁は、やさしいうまみでホッとさせてくれます。大根やニンジンなどの根菜をたっぷり入れて、野菜のエキスも存分に味わいましょう♪ つみれは鍋や煮物のほか、焼いたり揚げたりしても楽しめます。

包丁いらず!鰯の簡単レシピ3選

4. 鰯の塩焼き

鰯をそのまま塩焼きにするお手軽レシピです!塩をこすりつけて15分ほど置いておき、グリルで焼くだけ♪ お好みで甘酢をかけてさっぱりと食べるのもおすすめです。包丁もまな板も使わずできるので、忙しい時や夜食にもいいですね。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

エマ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう