知っておきたい「包丁」の種類と賢い選び方!おすすめ商品ベスト7も

毎日の料理に欠かせない「包丁」の選び方をお教えします。包丁の種類や材質の特長、初心者が扱いやすい包丁について詳しくご紹介。新生活に向けてそろえたい方や、そろそろ買い換えたい方におすすめの家庭用包丁売れ筋ベスト7もぜひ参考にしてくださいね♪

2018年6月6日 更新

錆びない「セラミック」

セラミック素材は軽くて硬く、切れ味が長持ちするのが特徴です。また、錆びることのないので、こまめなお手入れがいりません。しかし硬いものを切ると刃が欠けやすく、また刃を研ぐには特殊な道具が必要というデメリットもあります。

バランスのとれた「ステンレス」

ステンレス素材の包丁は、切れ味のよさと錆びにくい特徴を兼ね備えた、バランスのよい包丁です。簡単に研ぐことができるので、家庭でのお手入れが可能な扱いやすい包丁です。

同じ材質でも値段が違うのはなぜ?

包丁が同じ材質でも値段の幅が広いのは、製造方法によって切れ味・持続性に大きな差が出るからなんです。

包丁の製造工程は大きく分けると「鍛造・研ぎ・柄付け」の3つですが、品質の高い包丁ほどそれぞれの工程が細かく分かれます。

本格的な包丁となれば、鍛造だけでも数十の工程をふんでいるのが多いのが事実。それに加え、研ぎにおいては0.1mm単位で切れ味が変わるので匠の技が必要となります。

時間と技術を費やす分お値段も高くなる、というわけです。

迷ったらこれ!満足度の高い売れ筋包丁BEST7

【7位】堺の名品「堺實光包丁 ミルフィーユ包丁」

ITEM

實光包丁 家庭用三徳包丁

サイズ:刃渡り180mm

¥13,716〜 ※2018年6月1日時点
価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
硬度が高い高級ステンレス「V金10号」素材を使用した、切れ味抜群の三徳包丁です。木目が美しいマホガニーの柄で、刃はおしゃれなダマスカス模様。

名入れサービス付きなので、自分専用の大切な1本になります。 堺の老舗・實光刃物の製品です。
6 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう