ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

包丁ブランド「藤次郎(とうじろう)」とは

※画像はイメージです
藤次郎は鋭い切れ味と耐久性、機能性を兼ねそなえた包丁のメーカーとして有名です。1953年に新潟県燕市で創業以来、プロの料理人を中心によく切れる包丁と評判。現在では全国屈指の刃物メーカーとなっています。

鋼(はがね)と軟鉄を合わせて鍛造する、日本刀伝統の「割り込み」技法を包丁造りに応用。素材もダマスカス鋼やコバルト合金、モリブデン鋼などを使用し、いろんな多層鋼包丁を製造する企業です。その製品は、従来の製法では実現できなかった優れた性能を誇ります。

藤次郎の包丁はこんな人におすすめ!

鋭い切れ味が長持ちする藤次郎の包丁は、切れ味が鈍っても研ぎ直しをすれば元に戻るのが特徴。そのため日常での扱いやすさも魅力のひとつです。

切れ味と耐久性、機能性がプロに支持されるだけでなく、デザインのよさと手頃な価格で、主婦にもたいへん人気があります。いま使っている包丁がしっくりこないと感じている人に、ぜひおすすめしたい製品ばかりですよ。

藤次郎の包丁は大きく分けて2種類

※画像はイメージです

藤次郎シリーズ(和包丁・洋包丁)

創業当初から注目された藤次郎シリーズには、和包丁と洋包丁のそれぞれに、いろんなラインアップがそろっています。さまざまな材質の鋼を使用した刀身は、ほとんどが二層や三層などの多層構造。ハンドルも製品ごとに材質や形、色が異なります。

オールステンレスシリーズ(TOJIRO PRO)

特に主婦に人気があるのが、この「オールステンレスシリーズ」。ハンドルから切っ先まですべてステンレス製の一体型で、丸洗いできるため清潔なうえ、錆びることがありません。もちろん刃先はコバルト合金鋼を割り込んで鍛造した、鋭い切れ味が自慢の包丁です。

藤次郎シリーズ(和包丁・洋包丁)のおすすめ3選

1. 藤次郎洋包丁「三徳 F-503」

ITEM

藤次郎 DPコバルト合金鋼割込 口金付 三徳

¥8,800〜

サイズ:全長 29.5cm、刃渡り 17cm 重量:180g

※2021年3月15日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ