藤次郎包丁の特徴とおすすめ商品8選!プロの料理人も愛用するブランド

よく切れる包丁として評判の藤次郎は、価格もお手頃なことから主婦に大人気です。プロの料理人も愛用する藤次郎とはどんな包丁なんでしょう。その歴史と魅力、特徴やどんな包丁が人気なのかをご紹介します。あわせておすすめの通販商品を選んでみました。

2018年5月8日 更新

3. これ1本で間に合う「三徳包丁」

ITEM

三徳包丁 170mm 藤次郎作 コバルト合金 ステンレス

材質:ステンレス製(コバルト合金鋼割り込み)

¥4,320 ※2018年05月03日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

お肉や魚、野菜などなんでも切れることから、三徳包丁と呼ばれる和洋折衷の両刃包丁で、いまでは家庭の主流となっています。ハンドルには手になじみやすい強化木を使用し、鋲を打ち込んで中子を固定した洋包丁タイプです。

4. 伝統の切れ味「出刃和包丁」

ITEM

出刃和包丁 150mm 藤次郎作 安来鋼白紙2号 鍛造5寸 朴木柄

材質:軟鉄(安来鋼白紙2号割り込み)

¥8,640 ※2018年05月05日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

白鋼のなかでも最高級とされる安来鋼を芯にして、軟鉄で挟んで鍛造した日本刀と同じ製法の和包丁。魚の頭や尻尾を落としたり、3枚におろすための右利き用片刃の出刃包丁で、日本料理には欠かせない代表的な和包丁です。

5. 日本刀のような「柳刃和包丁」

ITEM

柳刃刺身包丁 270mm 藤次郎作 安来鋼白紙2号 鍛造9寸 朴木柄

材質:軟鉄(安来鋼白紙2号割り込み)

¥10,800 ※2018年05月03日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

日本料理では関西で使われる刺身包丁を柳刃と呼びます。先がとがった日本刀のような形状で、魚の繊維をつぶさない鋭い切れ味が身上。家庭での使用は滅多にありませんが、和食を極めたい人にはぜひ欲しい和包丁ですね。

6. 切りくずの少ない「パンスライサー」

ITEM

パンスライサー 270mm 藤次郎作 モリブデンバナジウム鋼 ステンレス

材質:ステンレス製(モリブデンバナジウム鋼割り込み)

¥7,560 ※2018年05月07日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

こちらは業務用のパン切り包丁で、医療用メスにも使用されるモリブデンバナジウム鋼を心材にしています。切りくずがほとんど出ない切れ味がプロにも評判です。安い価格のものもありますが、これを一度使うともう手放せません♪

7. これだけあれば「包丁2本セット」

ITEM

三徳包丁170mm&ペティナイフ135mm 藤次郎作 コバルト合金 ステンレス包丁2本セット

材質:ステンレス製(コバルト合金鋼割り込み)

¥6,804 ※2018年05月05日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

お肉や魚、野菜などなんでも切れる三徳包丁と、果物や野菜の皮をむくのに重宝するペティナイフの2本セットです。コバルト合金鋼を心材にしたステンレス製なので、切れ味も抜群!この2本だけあればどんな調理にも対応できます。

8. 最高級「ダマスカス鋼牛刀」

ITEM

牛刀 180mm 藤次郎作 コバルト合金 ダマスカス鋼 口金付 墨流し6寸

材質:カーボンステンレス製(コバルト合金鋼割り込み)

¥14,580 ※2018年05月05日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

楽天で見る

コバルト合金鋼を芯にしてカーボンステンレスで挟んで鍛造した、藤次郎シリーズのなかでも最上級グレードの牛刀。ダマスカス鋼とは多積層の金属を研磨したときに、浮かび上がる美しい模様が特徴で、最高級の刃物として人気です。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS