一家に一本「三徳包丁」!知っておきたい選び方と厳選商品も

いつもおうちで使われている包丁!なんて言う名前の包丁かご存知ですか?「三徳包丁」と言い、お魚やお肉、野菜と万能に切れますよね。今回は三徳包丁の特徴や選び方、おすすめについてご紹介します!新調しようと思っているとき、ぜひチェックしてください♪

2018年3月6日 更新

家庭用にぴったり!三徳包丁の魅力

三徳包丁とは

みなさんのおうちに1本はある「三徳包丁」。この万能な三徳包丁は、洋食が食べ始められた時代から使われているようです。それまでの日本の食生活は野菜や魚が中心でした。野菜を切るのには「菜切包丁」、魚を捌くのに「出刃包丁」、お肉を切るのに「牛刀」と、適した包丁を料理屋のようにご家庭で使い分けるのは面倒ですよね。そこで誕生したのが三徳包丁なんです♪

魚やお肉を調理しやすいように切っ先は尖り、刃先は反っています。そして、野菜を切るためにも刃先の反りはとても緩やかです。このように牛刀と菜切包丁のいいところを兼ね備えているので魚・肉・野菜を楽に調理ができます。

食材を選ばない

牛刀はお肉や魚の1点に狙いを定め、体重をのせて骨に沿って押し切りするため、切っ先が鋭く、刃先がカーブしているのが特徴です。菜切包丁は、刃先がカーブせず刃幅は広いので、大根のかつらむきやキャベツの千切りに適しています。

しかし、一般のご家庭で大きなブロック肉の塊を切り分けたり、一から魚を捌いて刺し身にしたりなどをすることはあまりないですよね。なので牛刀と菜切包丁のいいところを取ってできた三徳包丁がおすすめなのです。

三徳包丁を選ぶポイント

1 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

riku_mama

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう