知っておきたい「包丁」の種類と賢い選び方!おすすめ商品ベスト7も

毎日の料理に欠かせない「包丁」の選び方をお教えします。包丁の種類や材質の特長、初心者が扱いやすい包丁について詳しくご紹介。新生活に向けてそろえたい方や、そろそろ買い換えたい方におすすめの家庭用包丁売れ筋ベスト7もぜひ参考にしてくださいね♪

2018年6月6日 更新

刺身包丁

切り身の魚を刺身におろすために使う包丁です。関東では刃先が四角いもの(蛸引き)、関西では刃先がとがっているもの(柳刃包丁)が主流です。

菜切包丁

野菜用の刃先の丸い包丁です。両刃なので同じ野菜専用の薄刃包丁よりも扱いやすく、一般家庭向きです。

洋包丁の種類

牛刀

先の尖った刃幅の狭い包丁で、世界中で使われています。肉のほか魚や野菜などの調理にも用いられ、シェフナイフとも呼ばれています。
2 / 8
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

suncatch

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう