ライター : suncatch

食生活アドバイザー / パンシェルジュベーシック

大阪市在住、大学生と高校生の子をもつ主婦ライターです。育児中に長期入院生活を経験したことで、「おうちごはん」を作る楽しさ、頑張りすぎずに「おいしく味わう」ことの大切さを実感…もっとみる

包丁の種類

包丁の種類は、大きく和包丁・洋包丁のふたつに分かれます。 和包丁は、文字通り古くから日本で使われている包丁で、食材によって種類を使い分けます。片刃のため切れ味が鋭く、断面の組織が壊れにくいのが特徴。切った食材が包丁につかないので美しく仕上がります。 洋包丁は両刃で、日本の一般家庭で使われる「三徳包丁」や「牛刀」などがあります。1本でさまざまな食材に使えるのが特徴です。

和包丁の種類

出刃包丁

魚をさばくために使う包丁です。刃の長さはさまざまですが幅が広く、骨を切るために重く作られています。

薄刃包丁

非常に薄く長方形の形をした刃の包丁です。切れ味のよさから、野菜を切ることに適しています。プロの職人は、大根のかつらむきをこの包丁でおこなうことが多いです。

刺身包丁

切り身の魚を刺身におろすために使う包丁です。関東では刃先が四角いもの(蛸引き)、関西では刃先がとがっているもの(柳刃包丁)が主流です。

菜切包丁

野菜用の刃先の丸い包丁です。両刃なので同じ野菜専用の薄刃包丁よりも扱いやすく、一般家庭向きです。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS