ライター : mkmog

管理栄養士 / 食生活アドバイザー / デリカアドバイザー

育児に奮闘中ながらも子どものいる生活に癒されています。おいしいもの、ゆったりとした暮らしが好きです。

自家製梅酒の基本レシピ

青梅は5月ごろから7月ごろまでが旬ですが、出荷の最盛期は6月ごろです。これからの季節、青梅がもっとも手に入りやすくなる時期ですね。まずは青梅で作る基本的な梅酒のレシピをご紹介します。 梅酒は漬けてから3ヶ月ほどで飲めるようになりますが、1年寝かせるとさらにおいしくなりますよ。

用意するもの

・果実酒用の容器……4L容器 ・ふきんまたはキッチンタオル ・竹串 ・消毒用アルコール

材料(作りやすい分量)

・青梅……1kg ・氷砂糖……500g(甘めの場合は800gが目安) ・ホワイトリカー……1.8L

準備

容器を熱湯か、アルコールで消毒します。消毒に使ったアルコールは捨てましょう。

作り方

1. 青くて固い梅の場合、アク抜きをします。水をたっぷり入れたボールに梅を入れて、2〜4時間ほどおいてアクを抜きます。 2. 流水で丁寧に水洗いします。洗ったらザルにあげて水気を切ります。傷んだものは取り除きましょう。清潔なふきんやキッチンタオルで水分をしっかり拭き取り、しばらく乾燥させます。 3. 竹串を使って梅のヘタを取ります。ヘタが残ってしまうとエグ味が出ることがあるので、しっかり取りましょう。 4. 1番下に梅を入れて、その上に氷砂糖をのせます。これを交互に容器の中へ入れていき、1番上には氷砂糖をかぶせるようにしましょう。 5. ホワイトリカーを注ぎます。 6. しっかりと蓋を閉めて、冷暗所で保管します。氷砂糖が溶けるまで週に数回程度、容器を動かして中の糖分を均一にしましょう。3ヶ月程度ではあっさりとした味わいに。半年〜1年が飲み頃です。さらに熟成させることでコクと深みが出てきますよ♪

冷凍梅で作る基本の梅酒レシピ

青梅は6月がもっとも出回る時期ですが、冷凍すれば長期保存が可能なので、季節を問わずに梅酒を手作りすることができます。前回作った梅酒がまだ残っているから作れない……というお悩みも解決できますね。容器が空くまで冷凍しておいて、お好きなタイミングで梅酒を作ることができますよ!

特集

FEATURE CONTENTS