実は理にかなっていた?靴でワインのコルク栓を抜く方法が話題

現在、海外で靴をつかったコルク栓の抜き方を紹介した動画が話題となっています。でも、コルクと靴ってどうやって開けるのか想像がつきませんよね。実はこの方法は、ある科学的現象の裏付けられた理にかなったやり方だったのです…!

ワインを飲もうとしたのに、あったはずの栓抜きが見当たらず絶望してしまったという経験をお持ちの人は多いのでは?
無理矢理フォークでほじくり出そうとしても、半分はとれたけど残りの半分がビンの中に落ちてしまってうまくワインを注げない、なんて自体にもなりかねません。
そんなときは、“靴”があれば、栓抜き不要でコルク栓を開けることができるんです!
現在、海外で靴をつかったコルク栓の抜き方のハウツー動画が話題となっています。でも、コルクと靴ってどうやって開けるのか想像がつきませんよね。
では早速、そのやり方をご覧ください!
まずは、ロケーションから。え?屋外?男性いわく、頑丈な壁が必要とのこと。
そして、自分が履いていた靴にワインを差し込みます。まずは、ボトル幅と靴の口を合わせなきゃいけないですね。
そして、それを壁にドン!!
靴のかかとがクッションになっていてビンに直接衝撃が伝わらないって理屈。ただ、あまり力を入れすぎるとビンが割れそうなので加減が必要そうです。
数回ドンドンと壁にぶつけているうちに、コルクがなぜか出っ張ってきました!
あ、でも白シャツにワインが跳ねちゃってますね…。汚れてもいい服を着てやりましょう。
そうこうしている間にちゃんとコルクが抜けました!
★ 動画はコチラから!
ここでひとつの疑問が浮かびます。
ただ壁にぶつけているだけで、なぜコルクが抜けるの…?

特集

SPECIAL CONTENTS